東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
美人のクラスメイト
こんにちは!Yummyです。


ランキングに参加中です!ワンクリックお願いしますグー!

先日フランス留学時代の友人Sと再会して、忘れかけていた5年前の記憶を思い返しては、淡いノスタルジーに浸っている私です。ということで、これからはブログでもフランスにいた頃に撮った写真をお見せしながら、エピソードなどを紹介したいと思います。

さて、先日のヨンカの5周年パーティーのときの武藤社長がお美しいですね~という声を各方面から聞きました。各方面というのは、アンリュミエールのお客様をはじめ、私の兄、スタッフのココなどです。

美しい女性に対して、世の人(男女問わず)はとても肯定的で、また扱い方も特別になるというのは否定できないと思います。人を外見だけで判断してはいけないということは重々承知ですが、それでも人間はきれいなものに自然と心惹かれるものです。

そんなわけで、今日はフランス専門学校時代に出会った一番の美人さんの写真をお見せします!
クラスメイトのシャンタルです。年齢は聞いたことありませんが、5年前に24歳の娘さんがいると言っていたのを聞いてびっくりしましたフランスの専門学校は年齢がバラバラで、孫がいるような熟年の生徒さんもいました。

ecole chantal2
彼女は私が出会ったフランス人の中で一番きれいだと思います。身長も175センチくらいのモデル体型。
しかもいつもこぼれるような笑顔でボンジュールと挨拶してくれました。話し方もエレガントで、しぐさも美しいし、とても優しい人です。当時の私にとっては女優さんのように見えて、話をするのも緊張しました。

メイクの授業で、一度だけモデルをお願いしたことがあるのですが、その時も断られたらどうしよーっと内心ドキドキでしたが、快く引き受けてくれてくれました。色が白いので、アイシャドーの発色がとてもよく、グラデーションもきれいにできたのは感動でした。美人さんが、さらに美しくなって、自分のメイクの腕が格段に上がったような錯覚に陥ってしまったほどです。

ecole chantal
左の彼女はベネディクト?、いやマリマチルダだったかも・・・。すいません、忘れてしまいました。
彼女もとてもキュートな、明るい女の子でした。

da3b4b7f.jpg
お願いだから、日焼けしないでー!!と日本人クラスメイトのSさんと話していました。

私の憧れの女性、シャンタル。
こういう歳の取り方をしたいですね。



アンリュミエール携帯ファンサイト(PCからも見れますが)にご登録ください!
お得なクーポンがゲットできたり、ブログの更新情報が携帯電話に届きます。まだ始めていませんが、メールマガジンなども発行できたらなと思っています。会員数がまだまだ少ないので、ぜひともご登録お願いします。
↓のQRコードを携帯電話のカメラで写して、登録できます。
sprasia.png


東京のインディバ・オーガニックエステサロン アンリュミエール
ブライダルエステのご相談もお気軽に!


enlumiere-logo.gif
スポンサーサイト
page top
モロッコのこと、つれづれ。
こんにちは!Yummyです。

 
まずは、いつものお願いですが、こちらをぷちっとワンクリックしてください♪

今日は、サロンは定休日でしたが店頭の植え込みに花を植えてきました。
夕方で、暗かったので写真は撮りませんでしたが、またお見せしまーす!

今日は少しモロッコの話題を!!先日、とある人と話していてイスラム教ってどんなの?って話題になったので、私の知る限りで、モロッコ&イスラム世界のお話です。

と言っても、私はモロッコには行ったことがないのですが・・・。

kadel1.jpg


フランスに住んでいるとき、隣に住んでいた夫婦(夫キャデルと妻ニスリン)がモロッコからの移民だったので、モロッコ文化には少しだけ触れることができました。(写真左がニスリン、着ている衣装はモロッコの伝統的な民族衣装)

モロッコの宗教はイスラム教です。世界三大宗教なのでとってもメジャーなはずですが、日本人にとっては謎に包まれた不思議な存在ですよね。

食べ物に関しては、豚肉がタブーというのは有名ですが、その他の肉(牛や鳥)もイスラムの男がお祈りをしてから処理した「ハラール肉」しか食べません。
なので、私が料理を作って持っていっても必ず厳しいチェックが入るんですよね。
「これは何?肉じゃないよね?」って。

ニスリンに、「Yummyは豚肉食べるの?」と聞かれて、普通に「食べるよ」と答えると
「どうして?」と嫌な顔をされて聞かれて困ったことがあります。

彼らに食べない理由はあっても、私たちが食べる理由を聞かれても・・・。
「おいしいから。」としか言いようがないですよね。
そう言うと、ますます嫌な顔をされちゃって困ったものです。

cadel.jpg


もう一つのタブーはアルコール。これは、ニスリンの説明によると、アルコールを摂取して酔っ払ってしまっては、コーランが頭から飛んで、ちゃんとお祈りができなくなるからだそうです。

しかし!!!ダンナのキャデルは、酒を飲んでいましたよ!(写真左はキャデル)

ある日、妻ニスリンに「Yummy!今日は、親族の集まりがあるから、キャデルの酒を預かって!」と頼まれて、酒を何本か預かったことがあります。その後、ニスリンは家中に消臭スプレーを撒きまくっていました。親族(特に母親)にバレるとまずいそうです。

その集まり(パーティ?)に私も参加させていただき、生まれて初めてイスラム教のお祈りを間近で見ることができたのですが、イスラム教徒でない私がぽつんと傍観している姿はとても気まずい感じでした。けっこう長いんですよね。

最初は立ちながらお祈りをしているのですが、途中でひざまづいて声も大きくなっていって・・・これを1日5回やっているなんて、スゴイですね。

私のこの文章じゃイスラム教の何の説明にもなっていませんね。

イスラム教の教えは、神への奉仕を重んじ、信徒同士の相互扶助関係や一体感を重んじる点に大きな特色があるそうです。

信徒同士のみならず、隣の部屋に住んでいる私に対しても、相互扶助の精神を感じさせるたくさんの親切をしてもらいました。
イスラム教の女性ってスカーフで顔を隠してベールに包まれたイメージがありますが、家の中ではスカーフは被らず、私たちと変わらない生活をしています。
流行りの音楽を聴いて、歌ったり踊ったり・・・。

kadel2.jpg


そうそう、アンリュミエールで使用している化粧品のYON-KA(ヨンカ)にもモロッコ産のものが使われているんですよ!

ローズマリータイムです。

ヨンカの5つの宝物と呼ばれているエッセンシャルオイルのうちの2つです。(その他は、フランス産のラベンダーとサイプレス、エジプト産のゼラニウムです。)

この5つの宝物はヨンカの60%に及ぶ製品に含まれています。
特にローズマリーは、フィトシリーズ(主にナイトクリーム)には主成分として高濃度で配合されているメインキャラクターといっても過言ではありません。

ローズマリーのスーッとした香りが病み付きになります。ローズマリーが肌細胞の再生を促進して、新しい肌に寝ている間に生まれ変わらせてくれます。

ぜひ試してみてくださいね♪




ブログランキングで1位になったことに感謝して、(今日は2位転落か?)

昨年のクリスマスメニューで大好評だった

「リフトアップフェイシャル」100分

を2ヶ月ぶりにブログ読者様限定で、復活!!

通常¥14,700のところ、今回は特別価格¥13,800でご提供させていただきます!(有効期限:2月29日、他の割引と併用はできません。)

《内容》 クレンジング、ゴマージュ2回、イオン導入(フィト52=ローズマリー配合の引き締め用クリーム)、マッサージ(顔、デコルテ、肩)、クレイマスク

今まで通り、ホームページ特典(¥10,000以上のトリートメントメニュー20%オフ)もやっておりますので、こちらもどうぞご利用ください。

ご予約は、お電話でお願いします。
03-6893-6893です。

 
ランキングチェーック!!
page top
思い出の1曲
こんにちは♪

ブログランキングで1位になっています!(2月11日現在です。明日はどうなるか分かりませんが。)

考えてみると、何かで1位になったという記憶がほとんどないので本当にうれしいです!

今日も↓ワンクリックお願いします。



先日、開店準備をしながらラジオを聞いてみようと思い、J-WAVEをつけてみました。

すると、1曲目にとても懐かしいメロディが流れてきました。

「Kiss Me」

(↑クリックして、You Tubeで聴けます!)

Sixpence None the Richer(シックスペンスノンザリッチャー)というアメリカのアーティストのヒットナンバーです。

「Kiss Me」は私がフランスにいた2004年にフランスでも流行っていて、
友達のMarie(マリ)が貸してくれた彼女の好きな曲を集めたCD「Marie's Selection」の中の1曲で、私もこの曲を気に入ってよく聴いていました。

その時は誰が歌っているのか、なんというタイトルの曲なのか全く気にせずに聴いていたので、ずっとイギリスのアーティストが歌っているのだと思い込んでいました。アメリカ人だったんですね。
タイトルは、「Kiss Me」だろうなと思っていたら、やっぱりそうでした。

kiss me


彼女がMarieです。
専門学校時代の数少ないフランス人の友達です。当時彼女は19歳でした。
彼女は学校があるRouen(ルーアン)から、電車で1時間のノルマンディの港町Dieppe(ディエップ)に住んでいました。(イギリスに近い町です。)

彼女は私を家に招待してくれたのですが、その時、「車で迎えに行けなくてごめんね。」と言ってDieppe行きの電車のチケットをわざわざ買ってきて手渡してくれました。(ディエップまでは片道1500円くらいはかかると思います。)
しかも、帰りの切符まで用意していてくれて、本当によくできた子だな~と関心したものです。

彼女の家族のおもてなしも素晴らしくて、おいしい手作りの料理やお菓子を用意してくれていたり、ベッドカバーや枕カバーはクリーニングに出されて糊付けされていて、まるでホテルのようでした。

とても懐かしくなったので、久しぶりに手紙でも書いてみようかなと思います。

dessin


これは、Marieがデッサンの授業で書いた絵です。
フランスのエステの学校では、メイクやデッサンの授業もあるのですが、フランス人は絵がうまい人と下手な人の差がとても大きかったように思います。

うまい人は、さすが!芸術の国の人だな~っと思わせるのですが、一方、下手な人の絵はクラス中で笑いものになるほどヒドイのです。大人になって絵に興味がない人が絵を描かせられるというシチュエーションは意外と少ないもので、おもしろいものでした。

先日、「フランスに行きたい!!」と言っているお客様がいらしたのですが、私も行きたいです!!

それでは、今週も1週間がんばりましょう!




今日は、ブログランキングで1位になったことに感謝して、

昨年のクリスマスメニューで大好評だった

「リフトアップフェイシャル」100分

を2ヶ月ぶりにブログ読者様限定で、復活させたいと思います!

通常¥14,700のところ、今回は特別価格¥13,800でご提供させていただきます!(有効期限:2月29日、他の割引と併用はできません。)

《内容》 クレンジング、ゴマージュ2回、イオン導入(フィト52=ローズマリー配合の引き締め用クリーム)、マッサージ(顔、デコルテ、肩)、クレイマスク

今まで通り、ホームページ特典(¥10,000以上のトリートメントメニュー20%オフ)もやっておりますので、こちらもどうぞご利用ください。

ご予約は、お電話でお願いします。
03-6893-6893です。

 
ランキングへGO!
© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。