東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
マスコットデビュー!?
こんにちは!
東京は、この週末、春爛漫のお花見日和ですね。
アンリュミエールの近くには、夜桜のライトアップで有名な千鳥ヶ淵があります。
月曜日の夜にでも散歩がてら行ってみようかなと思っています。

さて、今日はアンリュミエールのマスコット(?)がお目見えしたので、紹介させていただきます!

 
その前に、今日もぷちっとワンクリックお願いします!

ange.jpg


幸せを運ぶエンジェルてんしのオブジェです。名前は、まだありません。とりあえず、「アンリュミエールちゃん」などと呼んだりしています。(私の中で)

先週、お客様が良いお店を紹介してくださり、親切にも一緒に買い物に付き添ってくださったのですが、そのときこのエンジェルを連れて帰ってきました。
そしてさっそく、ウィンドーにデビューさせました。

「天使がいるお店」などと呼んでもらえたらいいな~なんて期待しています。かわいいでしょ?
最近、このエンジェル効果で(?)店頭に置いているパンフレットが減りが早くなっているような・・・。

そしてもうひとつ、ウィンドーを飾るのは、またまたローズローズ2

la vie en rose


以前、ブログで紹介したsayoriさんからのプレゼントです。

sayoriさんの美容ブログ「日々美々」で「至福のエステ体験」という記事でアンリュミエールが紹介されています!ぜひ見てみてくださいね♪

写真も文章も本当に素晴らしすぎて、もったいないくらいです。(このままアンリュミエールのHPに掲載したいくらいです!)

同じ場所でも、カメラマンが違うとこうも印象が違うものかと驚きました。
なんだか、いつもよりも格段に素敵なサロンに見えるので私としてもウレシイですふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

最近、私の周りはローズで埋め尽くされています。
ローズの鉢植えに、ブルガリアンローズのエッセンシャルオイル、ブルガリアンローズのジャム、フランスの食べられるバラ、インドのローズティー、そしてローズのコースターまで!

これらのローズグッズはアンリュミエールでお楽しみいただけます。ぜひ遊びにきてくださいね。

ただいま、アンリュミエールではローズフェスティバルローズ開催中です!

ブルガリアンローズの至福の時間を過ごしにきてくださいね。

ご予約は、03-6893-6893まで!

遅い時間をご希望の方は、特にお早めにご連絡くださいね。

それでは、お待ちしております!

 
きれいなバラにワンクリックしてください!

それではまた明日!
スポンサーサイト
page top
食べられるバラ
こんにちはローズYummyです。

以前一度ブログで「食べられるバラ」のことを少し紹介しましたが、アンリュミエールで取り扱うことになったので、改めてご披露させていただきます!

 
その前に、今日もぷちっとワンクリックお願いします!

taberareru.jpg


フランス生まれの食べられるバラトールローズ

バラが大好きなフランス人らしく、なんとも美しい「食べるアート」です。

今日の写真は、全部「食べられるバラ」のステキなパンフレットを撮影したものです。
パンフレットの気合の入れようには、さすがフランス人だな~っと思いました。パンフというより、立派なアートブックですね。フランス語と英語で書かれています。

「パンフ1冊に、いくらかかってるんだろう?」って思わず考えずにはいられないくらい、上質な紙でできているので、汚れないように1冊以外は、大切に引き出しの中にしまっています。

せっかく素敵なパンフなので、その中を少しお見せしますね音符

taberareru2.jpg


食べられるバラは、ひとつひとつ職人さんの手によって、「ジャルダン(庭)」と呼ばれる工場で作られています。

taberareru3.jpg


バラの加工品として有名なのは、プリザーブドフラワーでしょうか。あれも、フランス人が考え出したものです。薄い花びらをそのままの状態で加工するとは、本当にスゴイ技術ですよね。

この食べられるバラもそんなフランスのバラ加工技術を結集した新しい食べ物です。
食べ物というのがもったいないくらい、繊細で、美しいです!

通常、商品の納品は宅配便で行われるのですが、この「食べられるバラ」だけは、以前紹介した八基通商の方がわざわざ手で持ってきてくださいました。それほど、壊れやすい繊細なバラなのです。

taberareru4.jpg


↑「食べられるバラ」は、このようにチョコレートやケーキのデコレーションに使うときれいですね。。砂糖をまぶして仕上げてあるので、お菓子との相性はバッチリですね。
その他にも、シャンパンに入れたり、紅茶に浮かべたり・・・
工夫次第で、贅沢で優雅なひとときを演出してくれること間違いなしです!

taberareru5.jpg


また、このパンフはレシピブックにもなっています。裏表紙がポケットになっていて、そこに1枚1枚独立した写真付きレシピが入っています。

この「食べれるバラ」、1箱バラの花が3輪入って¥4,200です。(高いですかね?やっぱり。)

でも、店頭に並べて3日目、さっそく1箱お買い上げいただきましたはーと
娘さんの誕生日にケーキに飾ってあげるそうです。

見るだけでも、十分楽しめるので、ぜひアンリュミエールの前を通りかかったら覗いてみてくださいね!

ただいま、アンリュミエールではローズフェスティバルローズ開催中です!

ブルガリアンローズの至福の時間を過ごしにきてくださいね。

ご予約は、03-6893-6893まで!

遅い時間をご希望の方は、特にお早めにご連絡くださいね。

それでは、お待ちしております!

 
美しいバラにワンクリックしてください!

それでは今日はこのへんで。
page top
開業資金の調達方法
こんにちは♪Yummyです。

marchsan.jpg

イースターにちなんだ、うさぎ型の粉砂糖がデコレーションされたチーズケーキです。私が昔飼っていたウサギちゃんにそっくりのシルエットに思わず感動しちゃいました。兄からの差し入れなんですけど、耳が短くて、お尻が大きいところがなんともキュートです!

今日は、開業資金についての耳寄りな情報です。これから、開業しよう!と思っている方にはお役に立てるかと思います。

 
その前に、今日もぷちっとワンクリックお願いします。

最近、ブログ読者のセラピストの方が何名かアンリュミエールにお越しくださいました。
しかも、遠いところから新幹線や飛行機に乗って来てくださって、私としても本当に嬉しい限りです!

私も、どこか東京から離れたサロンへ行って癒されたいな~と思っているんですけどね。週に1日しか休みがないので、なかなか旅行には行けないんです涙

そんな同じセラピストをしている方から、よく言われるのが、

「すごいですね~。内装もお金かかっていますよね~。開業資金がんばって貯められたのですか?」

ということです。

答えは、「NO」ですよ!

今日は、聞きたくてもあまり人に聞けないお金出費の話をこっそり教えちゃいますね!

セラピストの給料なんで、たかが知れていますよね。どんなにがんばっても20代では、月30万円がやっとでしょうね。

どんなに節約してお金をコツコツ貯めたとしても、開業資金を貯めるには、時間がかかります。もしかしたら、一生かかっても無理かもしれません。

「10年間、お金を貯めてから開業しよう!」と思っている方、それは時間の無駄なので、止めた方がいいと思います。
本当に開業しようと思っているのであれば、1日でも早く借り入れをおこして、開業してしまう方がいいと思います。

私は、以前、住宅ローンの仕事をしていたので、毎日毎日お客様の借り入れのお手伝いをしていました。今は、頭金がなくて、年収が300万円代でも、2、3000万円もするようなマイホームを購入することができます。

そう、お金は借りられるんですよね。目的さえしっかりしていれば、低金利で貸してもらえるのです。借りることに、負い目を感じることなんて全くゼロです。(目的がないローンはダメですよ。いわゆる消費者金融などは、金利が高すぎるので大変なことになりますから。)

アロマテラピーサロンやエステティックサロンを開業しようという強い意思があり、その思いや計画を「創業計画書」という文面にすることができれば、国から融資してもらえる制度があります。

私が利用したのは、国民生活金融公庫(国庫)の「女性、若者/シニア企業家資金」という新規開業ローンです。

条件は、「女性または30歳未満か55歳以上の方であって、新たに事業を始める方または事業開始後おおむね5年以内の方 」だけです。

まず、女性であれば、勤務経験が短かろうと、取り合えずOKというローンです。(普通は、6年以上企業に勤めていないといけないといった条件があります。)

女性に優しい、男性にとっては「なぜ女性だけ?」と羨ましがられるようなローンです。
ある意味、女性専用車両のようなローンですね。
私の場合は、30歳未満なのでその点でもパスできるのですが、若者やシニアを支援する国の制度なのです。

こんなゆる~い条件で、低金利のローンってなかなかないですよ。

住宅ローンは、収入をさかのぼって2年間は審査されますし、勤続年数も3年以上といった条件もありますし、「これからがんばるんだ!」という意思は全く汲んではくれません。

しかも、このローンは、1000万円以内であれば保証人なしでも融資が受けられます。基準金利プラス1.2%にはなりますが、これも低い方だと思います。

お金を借りるのってなんだか気まずいと感じている人もいると思います。「借金」と言うと、なんだかイメージ悪いですからね。「借り入れ」というと、ちょっと前向きな響きに聞こえませんか?

私はたまたまこの制度を利用しましたが、他にも探してみれば自治体などが行っている開業を支援するようなローンがあるかもしれません。
そして、こういった金融機関に積極的に行っていろいろと相談してみるといいと思います。

国民金融公庫の方は、本当に親切で、いろいろと相談に乗ってくださるので、びっくりしましたよ!
(たまたま担当の方が良かったのかな~?)

創業計画書は、作成するのがかなり面倒ですが、これはお金を借りるために本当に重要なものなので、まず自分の開業への思いを書き綴り、そして資金計画を立てます。

計画はあくまでも計画なので、その通りには行かないものですが、そのことに関して「こんな計画で本当に大丈夫なのですか?成功できるのですか?」なんてシビアな質問はされませんでした。
実際、その通りに行かないことぐらい、審査する側も承知の上で融資しているようでした。

開業の夢をかなえるのは、現実問題「お金」が絶対に必要です。
その点がクリアできれば、思い描いていた夢をカタチに変えることができます。

いろいろと面倒な手続きはありますが、国のバックアップというものは、意外と使えるものだなと思いました。初めて開業する人は、銀行融資よりも、こういった国の融資から考えてみるのがいいのではないかと思います!

開業資金に関して、質問のある方、ご遠慮なくどうぞ!

それでは、また明日星

役に立ったという方、↓ワンクリックお願いします。

 




ただいま、アンリュミエールではローズフェスティバルローズ開催中です!(大好評です!なるべくお早めにご予約ください。)

ブルガリアンローズの至福の時間を過ごしにきてくださいね。

ご予約は、03-6893-6893まで!

お待ちしております!
page top
エステサロンの業務停止命令について思うこと
こんにちは!Yummyです。

先日、某大手のエステティックサロンが、支払い能力のない若年者に高額な契約を結ばせたり、虚偽(ウソ)の説明を行うなどの悪質な行為を行ったとして、東京都から3ヶ月間新規契約の勧誘や締結を禁止する命令がくだされました。

今日はこのことについて・・・。

 
その前に、今日もぷちっとワンクリックお願いします。

アンリュミエールは、オープン当初から「エステティックサロン」と名乗ることを避けているのですが、これもこのような出来事と無関係ではないのです。

エステティックサロンやリラクゼーションサロンなど、美容&健康を提供する業界は「信用」が全てです。その「信用」を得るために、またお客さまとの良い関係を作っていくために、日々たゆまぬ努力をしているといっても過言ではありません。

「信用」というのは、お客様からの「信用」でもあり、世間一般に対する「信用」というものももちろん含まれます。そして、その「信用」をはかる方法としてクレジットカードというものがあります。

クレジットカードは「信用」がないと持てませんが、お店も「信用」がないと加盟店になれませんし、加盟店になった後に、時間をかけてさらに「信用」を築いていくこともできれば、問題があれば加盟店契約を取り消されることもあります。

以前のブログでもクレジットカードに関して、「クレジットカード問題」と「クレジットカードが使えるようになりました」で書きましたが、昨今エステティックサロン(美顔、痩身、脱毛をしているお店)が新規加盟店契約をするのが難しいのは、カード会社が今回の某大手サロンで起こったような危険を察知しての自己防衛策であるので仕方がありません。

実際にこれまでに何度もこのような業界の信用を失墜させるような出来事が起こっていますしね。

そして、今回の出来事でさらに美容業界の「信用」は失われたことでしょう。

カード会社からの「信用」が失墜しただけでなく、消費者からも美容業界(エステ業界)がひとまとめに不信の目で見られるのはとても残念なことです。

アンリュミエールは、クレジットカードの加盟店契約をするにあたり、パンフレットのどこにも「エステ」という言葉がないか、回数券など分割して支払うメニューはないかなど3ヶ月もかけて審査され、さらには1回の支払いの金額に制限(40,000円まで)が設けられています。

アンリュミエールは、「エステ」というとカード会社に「信用」の面でNGなので、あくまでも「リラクゼーションサロン」ということになっています。

お客さまにとっては、目的はそれぞれ違うので、「エステ」と思って美容目的で通っている人もいれば、「リラクゼーション」や「癒し」を目的で訪れる人もいるので、アンリュミエールはエステでもあり、リラクゼーションでもあります。

お客様も支払いに関して、何の心配も持たずに初めて来られる方もいますが、最初に「支払いは1回ずつですか?」と心配して聞いて来られる方もいます。やっぱり心配ですよね~。今回の出来事は、こんなお客様の心配をさらにアップさせてしまい、サロンに足を遠ざける遠因にもなり兼ねません。

今回の事件の一番の問題は、何も「信用」の面で問題のないサロンが、今回の出来事で同じように見られて、偏見を持たれてしまうことです。具体的には、「契約を迫られるかもしれないから、エステには行くのが怖い」と思われたり、さらには「エステ=詐欺」のように誤解されてしまうことです。

日本の美容業界に影を落とすような今回の事件、まじめに頑張っているサロンもある意味、被害者なのかもしれません。
本当に迷惑な話、もうこれ以上起こらないで欲しいものです。

今日は、ちょっとお怒りモードですいませんでした。でも、まじめに誠実にやっているからには、声を大にして言いたかったのです。

そんな私にワンクリック↓お願いします!

 

それではまた明日!




ただいま、アンリュミエールではローズフェスティバルローズ開催中です!(大好評です!なるべくお早めにご予約ください。)

ブルガリアンローズの至福の時間を過ごしにきてくださいね。

ご予約は、03-6893-6893まで!

お待ちしております!
page top
物件探しのノウハウ
文字色こんにちは!Yummyです。今日は物件探しのノウハウをこっそり教えますね!

 
その前に、今日もぷちっとワンクリックお願いします。

私は、一応、宅地建物取引主任者(宅建と呼ばれている資格)なので、不動産に関してはプロなのです!と言いたいところですが、実務をこなしたことがないので素人同然です。
(以前いた会社では住宅ローン課だったので、直接不動産の仕事はしたことがないのです。)
ただ、開業にあたって物件探しをした経験はあるので、そのことを少しお話したいと思います。

これから物件を探して開業しようと思っている方に参考になればと思います。

まず物件探しで重要なことは街のイメージ(雑誌やテレビ等で見たもの)にとらわれることなく、実際に歩いてみることです。
歩くことでたくさんのことが見えてきます。

物件探しを車でするのは言語道断ですよ!不動産会社の人は親切に車に乗せてくれるというかもしれませんが、絶対に乗ったらダメです。
とにかく駅から歩いて、町並みや人の流れを見たり、商店を見たり(ライバル店を探したり)、駅からの実際の距離を歩いて計ることが重要です。

気になる物件は朝、昼、晩と、そして曜日を変えて何度も歩いて様子を見ます。何度も歩くことで、どんな人が住んでいるのか?どんな人が集まる場所なのか?という情報が見えてきます。

私は約30ヶ所の物件を見ましたが、街の名前としては良いイメージでも、実際は汚い雑居ビルだったり、歓楽街だったりとがっかりさせられる物件にいくつも遭遇しました。

私が実際に訪れた街の名前(もしくは駅名)を思い出せる範囲で挙げてみますと・・・(順不同)

麹町、銀座、赤坂、乃木坂、渋谷、目白、西麻布、東麻布、麻布十番、六本木、恵比寿、代々木、飯田橋、目黒、梅が丘、東北沢、幡ヶ谷、代々木上原、代々木八幡、経堂、赤羽橋、神楽坂・・・

エリアを決めずに、とにかく不動産会社の方(知り合いなので助かりました)に、めぼしい物件情報をピックアップしてもらって、さらにその中でも良さそうな物件を絞り込んで、実際に見に行きました。

エリアを絞り込んだ方がいいのでないか?と思う人も多いかもしれませんが、最初からエリアを絞るのは危険です。

人気エリアは物件情報が少ないし、誰もが狙っているので、良い物件は何年も待っている大手の会社に情報が流れていってしまいます。駅前などの人気物件は、「いくら払ってもいいから、とにかく空いたらすぐに押さえたい!」と待っている人(会社)がたくさんいるのです。

あまり、エリアのネームバリューにこだわり過ぎると、たとえばアロマやエステ業界に人気の表参道、青山、代官山、銀座などは、とにかく地価が高いので家賃もとても高くなってしまいます。一坪40000円くらいでしょうか。しかも競合店が多いので、よっぽどたくさんの顧客をもっているか、もしくは広告宣伝費をかけられる会社でないと厳しいと思います。

それから、店舗用物件探しの情報源としてあてにならないのは、インターネットです。
インターネットに載るような情報は、誰も借り手がいない余りモノがほとんどです。インターネットで店舗用物件探しを済ませようというのは、まず大きな間違いです。

インターネットの情報が全てと思ったり、ネットで何でも見つかると思ったらいけませんよ!(普通の買い物とは違います!)
物件情報に関しては、本当に良い情報を、わざわざネットに載せるような面倒なことはしません。
その前に決まってしまいます。

一番いいのは信頼でき、本気で探してくれる(ここが一番重要!)不動産会社を見つけることですね。でも、これが一番難しい!

不動産会社には「レインズ」という業界のコンピューターネットワークがあります。これに良い情報が流れることがあるのですが、いいものは本当に速く決まってしまうので、とにかく急ぐ必要があります。

私も情報をもらって、すぐにその物件に直行したり、夜中でも見に行ったりしました。次の日の朝一番に物件を見せてもらうよう電話をするためです。朝ご飯を食べて家を出て、次のご飯は夜中という日もありました。途中、飲み物を自販機で買って飲むくらいです。とにかくランチの時間ももったいないと思うほど、急いで探す必要があるのです。(当時、無職だったので。)

物件探しは、根気強く探し続けてじっくり待つ忍耐も必要なのですが、決めるときは即決しないとすぐにライバルに押さえられてしまいます。ここで「どうしよう」と悩んでいるうちに他の人にチャンスを先取りされてしまうということになり兼ねません。まさに店舗用物件探しは、目に見えない戦争です!
絶対に負けないように、毎日毎日歩き続けて、感覚を養い、いいものを見極めるセンサーを磨く必要があります。

いろいろと、偉そうなことを書きまたが、私の選んだ麹町の物件が果たして良かったかどうかは、まだ6ヶ月しか経っていないのでなんとも言えません。

駅からも近く、路面店で、環境もいいので気に入ってはいるのですが、ネットの検索にはひっかかりにくいという弱点もあります。「麹町」というキーワードで、アロマやエステを探す人は少ないですからね。

最後に、一番気になるのは家賃と広さですよね。

家賃は、今のサラリーマンの感覚で考えたら絶対にNGです。
たとえば、30万円くらいで探していたとして、40万円の本当に良い物件が出てきたとします。
「10万円高いからやめよう。」と考えてしまうのは、もったいない話です。

サラリーマン(たとえば月収25万の人)の月々の家賃の支払いが10万円から20万円になってしまうのは、支払い不可能で危険な話ですが、営業用の物件で10万円の違いを同じ感覚で「支払えないだろう」と考えるのはNGです。

もしかしたら、その10万円高い物件にすることで売り上げが100万円アップすることだってあるかもしれません。1階と2階の物件を比べたとき、同じ広さでも10万円以上家賃に差があることもよくあることです。
「1階は10万円も高いから2階でいいや。」というのは、もったいない話です。1階の方が何倍もチャンスが潜んでいますよね。(業種などにもよるとは思いますが、一般的に。)

でも、なかなかこういう感覚ってセラピストの限られた給料の中で生きていると、考えられないんですよね。切り替えられないというか・・・。「う~ん、10万円も高いのは手が出せない。」って私も悩んでいました。

アンリュミエールにはトリートメントルームが3部屋あるのですが、まだ実際には2部屋しか使っていません。スタッフも多くても2人しかいないもので・・・。1部屋もったいないですよね。これはまだ私の力不足で、まだこの部屋を生かしきれていません。
将来的には、3部屋フル稼働でとは思っているのですが、なかなかそこまでできていない状態です。人も雇わないといけないし、集客もしないといけないし・・・。

そんなことも、理想的な将来を見越して(?)広い物件を借りたわけですから、早いうちになんとか稼動させなければなりません。

物件探し、広くても狭くても悩むことは多々あるのですよね。

物件探しのノウハウは、語りだしたらきりがないくらいいろいろあります。
契約も普通の家と違って大変です。そんなこともまた別の機会にお話できればと思います!

それではまた明日!




ただいま、アンリュミエールではローズフェスティバルローズ開催中です!(大好評です!なるべくお早めにご予約ください。)

ブルガリアンローズの至福の時間を過ごしにきてくださいね。

ご予約は、03-6893-6893まで!

お待ちしております!

 
ランキングを見てみてね!
page top
フラワーレッスンのお知らせ
文字色こんにちは!Yummyです。

 
いつも応援ありがとうございます!今日もぷちっとワンクリックお願いします。

以前のブログでも紹介したアンリュミエールのプリザーブドフラワーを作ってくれているフラワーアレンジメント講師の椎原夕紀子(しいはらゆきこ)さんのレッスンが3/30(日)に、アンリュミエールで開催されます!

(ブログ:「サロンのプリザーブドフラワー」、「サロンのプリザーブドフラワー2」)

私もレッスンには4,5回参加したことがあるのですが、おもしろくて夢中になってしまいました。
初心者でもプロ並みの(?)出来栄えに仕上がり、しかも作品を持って帰れて、しばらく鑑賞できるので楽しいですよ!私は、生花のレッスンにしか参加したことがないのですが、プリザーブドフラワーだと長持ちするので、いいですよね。それではご案内です。

**********************************


プリザーブドフラワー1日体験レッスン生徒募集!!


今、話題のプリザーブドフラワーを使ったアレンジメント教室を開講します。

フランス生まれの枯れないお花”プリザーブドフラワー”と使って可憐で愛らしいアレンジメントを作ります。
インテリアやプレゼントとしても最適です。
去年オープンした居心地が良い素敵なサロンでアットホームなレッスンです。
初心者でもお気軽にどうぞ。お友達同士でも大歓迎!!

●趣味コース
1回だけの参加可能なお手軽レッスン。季節やイベントに会わせたお花を楽しく作ります。

●資格コース
カリキュラムを習得後、修了証を発行します。
IFAの講師として教室で、フラワーデザイナーとして活動できます。
 
実施日時 3月30日(日)13:00~/16:00~(所要時間2時間)
※その他、曜日、時間はお問い合わせ下さい。出来るだけ対応させていただきます。

参加費 1レッスン 6000円(美味しいお茶とケーキ付、花材費込)
    
1.チェアアレンジ
8.jpg


2.スクエアアレンジ
9.jpg


ご希望のアレンジをお選びいただけます。


会場 Beauty&HealingSalon   「En Lumiere」アンリュミエール
   
東京メトロ有楽町 麹町3番出口徒歩2分
東京メトロ半蔵門線 半蔵門駅5番出口徒歩6分

持ち物 持ち帰り袋・ハサミ

お申し込み方法 お名前・TEL・希望日時・希望アレンジをご記入の上、メッセージ(アドレス:shiiharakity@yahoo.co.jp)
にてお申し込み下さい。

ご質問、ご不明の点などありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

★池袋のCAFE珈琲茶房でも毎週木曜日にレッスンを開催しております。
こちらも生徒募集していますので、ご希望の方はお問い合わせ下さい。


講師 IFA(国際アレンジメント協会)公認
IFAプリザーブドフラワーデザイナーズインストラクター

椎原夕紀子
http://kasaburanka.ocnk.net




ただいま、アンリュミエールではローズフェスティバルローズ開催中です!

ブルガリアンローズの至福の時間を過ごしにきてくださいね。

ご予約は、03-6893-6893まで!

お待ちしております!

 
ランキングを見てみてね!
page top
YON-KAマニア「スキンラディアンス」
文字色こんにちは!Yummyです。

 
いつも応援ありがとうございます!今日もぷちっとワンクリックお願いします。

今日は、久々のYON-KA(ヨンカ)マニアシリーズです。

set.jpg


本日、届きました!
お待ちかねのYON-KAの人気シリーズのお得なセットです。

ローションPS、レ・ネトワイヤン、ゴマージュ305のYON-KA3大人気商品が、
セットになって登場です。「YON-KA スキンラディアンス」というなんだか、しゃれたネーミングがついております。期間限定&個数限定です。

通常価格 15,645円→特別価格 13,650円(税込)とかなりお得です!

この3つの商品、アンリュミエールでも間違いなく人気1,2,3位を占めています。
しかも、リピートして使っている方も多い商品です。

まず、「ローションPS」
このローションにYON-KAの世界がぎゅーっと詰まっていると言っても過言ではない、YON-KAの代表アイテムです。5種類のエッセンシャルオイル(ラベンダー・タイム・ローズマリー・サイプレス・ゼラニウム)が絶妙なバランスで配合されています。

この香りは、まさにアロマの五重奏ですね。
脳下垂体まで香りのメロディーが心地良く響きますよ(笑)

そして、クレンジングは「レ・ネトワイヤン」

赤ちゃんの肌にも使える、肌に優しいクレンジングミルクです。
これ1本で、クレンジング&洗顔ができる便利なアイテムです。

佐伯チズさんのブレイクで、「洗顔は1回で」という人が増えてきたように思います。しかも、ミルクタイプにシフトした人が増えたような・・・。ちなみにフランスではミルクが主流です。

そして、思うに日本人は世界一クレンジングにうるさい国民ではないかと・・・

ダブル洗顔か、1回か?

クレンジング剤はオイルか、ミルクか、クリームか?

流す回数は何回がいいのか?

お湯の温度は何度くらいがいいのか?

クレンジングのときマッサージをして方がいいのか、しない方がいいのか?(私は、しない方がいいと思っています。クレンジングはメイクを浮かせるように優しくクルクルと!)

マスカラ用のクレンジング剤は使った方がいいのか?

ふき取り化粧水は使った方がいいのか?

その他いろいろ・・・

こんな内容のクレンジング話が雑誌やテレビで日々話題にのぼっていますよね。
美容に関する女性の悩みは尽きませんね。

そして、最後に「ゴマージュ305」

このゴマージュ(ソフトピーリング)は、YON-KAを初めて使うという人の導入アイテムとしてとにかく売れてます!主な成分は、イナゴマメ・白イラクサ・ボルネオールです。

フェイシャルのお手入れにもゴマージュが登場するのですが、そのとき面白いくらいポロポロと角質や汚れが落ちてくるので、このゴマージュに関心を示すお客様がとても多いのです。

ゴマージュというのは、消しゴムみたいなもので、お肌に優しく消しゴムをかけてキレイにしてあげるイメージです。
ゴマージュをすることで、くすみが改善され、肌に透明感が生まれます。
まさに、「一皮剥けた」という表現がぴったりなアイテムです。使用後のつるつる感がうれしくて、ついつい毎日でもゴマージュしたくなります。

このゴマージュのいいところは、ジェルで水分を補いながら、少し時間をかけて乾かしながら、徐々に汚れや角質を落としていく点でしょうか。
ピーリングしながら、肌の内側が乾いてつっぱるといった心配はありません。また、粒子が含まれていないので、まぶたにも使えます。塗ったまま一晩寝てから、洗い流してもOKです。

「スキンラディアンス」は、個数限定なので早い者勝ちですよ!
ご予約も承りますので、キープされたい方は、ご一報ください。(売り切れの際は、ご容赦くださいませ。)

電話番号は、03-6893-6893です。
メールは、enlumiere@kfy.biglobe.ne.jp

それでは良い週末を!




昨日から、ローズフェスティバルローズが始まりました。

ブルガリアンローズの至福の時間を過ごしにきてくださいね。

ご予約は、03-6893-6893まで!

お待ちしております!

 
ランキングを見てみてね!
page top
サロンの運営って大変!
文字色こんにちは!Yummyです。

 
いつも応援ありがとうございます!今日もぷちっとワンクリックお願いします。

昨日に引き続き、今日もチラシ作りで時間を取られてしまいました。
ブログの更新が最近鈍っているのも、そのせいです。

チラシなどは、デザイナー&印刷屋さんに頼めば作っていただけるのですが、原案を作成しないといけないことや、校正を何度もしてやり取りをすることなどを考えると時間的なロスもコストもかかるので、簡単なものは自分で作った方がいいんですよね。

whatsnew.jpg


今回のは、新商品のご案内です。
ブログをご覧になっている方には、日々新商品のご案内はさせていただいているので、そんなに目新しい情報でもないのですが、店頭配布&DM用として作成しました。

アンリュミエールもオープンして6ヶ月になろうとしていますが、何が大変って、こういうのが一番手間隙かかって大変なんですよね。

トリートメントさえしていれば良いという訳ではなく、マネージメント全般から、広報活動、営業、経理、人事・・・全部やったことがないのに、やらないといけないのです。
掃除だって毎日25坪、隅々までやると大変ですし、洗濯物もどんどんたまっていきますし、ひとり暮らしなので家に帰ってもいろいろとやることが・・・。

でも、好きでやっているので仕方ないです。
しばらくはこんな毎日が続きそうです。

今日も、もう3:30です。寝なきゃです。。

今日から、ローズフェスティバルローズが始まります!

ブルガリアンローズの至福の時間を過ごしにきてくださいね。

ご予約は、03-6893-6893まで!

お待ちしております!

 
ランキングを見てみてね!
page top
ローズフェスティバル延長のお知らせ
こんにちは!Yummyです。

大好評につき、ローズフェスティバルローズ5月15日(木)まで延長させていただくことになりました。

 
まずはワンクリックお願いします!

ezel1.jpg


rosefestivalblog.jpg


ブルガリアの「バラの谷」から直送された10,000本のバラの香りをご堪能ください。

ブルガリア産、最高級品質のダマスクローズオイルによるアロマボディトリートメントと、
ワイルドローズ配合「オプティマイザーシリーズ(By YON-KA)」によるアンチエイジングフェイシャルトリートメント

1.「ダマスクローズ」ボディトリートメント 80分 ¥13,650

ダマスクローズオイルを使用した背中のソルトスクラブとボディマッサージを組み合わせた贅沢な全身トリートメント。天然エッセンシャルオイルの高貴なローズの香りが、満ち足りた気分へ誘います。

2. ローズフェイシャル「オプティマイザー」 70分 ¥12,600

アンリュミエール人気NO.1フェイシャル「オプティマイザー90分」のダイジェストメニュー。貴重なワイルドローズ(ローズヒップ)配合クリーム、「オプティマイザー」による肌の再生力を高めるアンチエイジングトリートメント。つややかなバラの花びらのように、ふっくらと潤いに満ちた肌へ。

3.プレミアムローズコース Body&Face 120分 ¥19,950

ダマスクローズオイルマッサージとローズフェイシャルを組み合わせた究極のリラクゼーションコース。優しいローズの香りがあなたの疲れをいやし、心身のバランスを整えます。全身、ローズに包まれた至福のひとときをお過ごしください。

ご予約は03-6893-6893まで!

なお、ローズフェスティバルメニューはサービスメニューのためインターネット特典(20%割引)との併用はできかねますので、ご了承ください。

 
ランキングへ
page top
ダマスクローズ
文字色こんにちは!Yummyです。

 
いつも応援ありがとうございます!今日もぷちっとワンクリックお願いします。

pink rose


今日もバラの話題です。

(↑の写真は、以前のブログで紹介したsayomaruさんが撮影したものです。キレイですね~。)

先日、注文したブルガリア産ダマスクローズのエッセンシャルオイルが届きました。
購入したのは、ブルガリアサン商事というブルガリアの商品を日本に輸入している会社です。
ダマスクローズの説明は、こちらから。

こちらのサイトの会社概要のページにも出ていらっしゃるカタージェフさんという農学博士と電話でいろいろとお話させていただいたのですが(在日18年で日本語ペラペラ)、私、ブルガリアンローズの魅力にかなり心惹かれました。

ということで、アンリュミエールではローズフェイスタを開催するのですが、こちらのダマスクローズオイルを使用したトリートメントを実施することにしました!詳細は、後日発表させていただきますね。

ブルガリアは最近は、琴欧州の故郷として、またヨーグルトの国としても有名ですが、実はバラの生産地としても世界的に有名です。シャネルやゲランの香水に含まれているローズのエッセンシャルオイルは、ブルガリア産なのです。ブルガリアのローズ(香料として使用されるもの)の世界シェアは、世界一位で、品質も世界最高峰なのです。

ローズのエッセンシャルオイルをたった5ml抽出するのに、10000本のバラが必要だそうです。
いかに貴重か分りますね。

ローズのこと、いろいろ書きたいのですが、早く店を出ないと終電に乗り遅れてしまうのでローズフェスタ告知の時に、また改めてダマスクローズやトリートメントについてご紹介させていただきます!

festa.jpg

(とりあえず、こんな看板作ってみました。)

それではまた明日!

いつもブログをご覧いただいているみなさまへ。

アンリュミエールでは、ホームページ特典を実施中です。

¥10,000以上のトリートメントメニューがALL20%OFF(初回限定)になります。

3月は何かと忙しく疲れも溜まりやすい季節です。また紫外線も強くなり始める季節で、季節の代わり目は肌トラブルも多くなる時期です。ぜひ、アンリュミエールのトリートメントをお試しくださいにっこり

ご予約は、03-6893-6893まで!
お待ちしております!

 
ランキングを見てみてね!
page top
新商品並ぶ!
こんにちは!最近更新をさぼっていました。ごめんなさい!
でも、ちゃんと理由があるんです。

 
まずはランキングへ!いつも応援ありがとうございます!

じゃ~ん!新商品のお目見えですよ!

new.jpg


これらの商品を仕入れたり、ディスプレイ用のテーブルやらを用意したり、POP作りに日々時間を取られていたので、ブログを更新できなかったんですよ。

商品は、カナダの(超おいしい高級な)はちみつとメープルシロップ、インド政府御用達、紅茶鑑定士、サンジャイ・カプール氏セレクトの紅茶8種類(ダージリン、アッサム、チャイ、ローズなど)などです。

この中でも特に注目すべき商品は、Raw Honeyという生のはちみつです!!

tea5.jpg


濾過や加熱処理を一切していない、フレッシュなはちみつなのです。そのため、花粉やプロポリス、蜜蠟など健康に良い要素がそのまま含まれているのです。また、濾過をしていないので、蜂の巣の一部が混じっている場合もあるそうです。

白く結晶していて、粘度がとても高いので、スプーンですくっていただきます。

お味は・・・

びっくりするくらいおいしい!平凡な表現で申し訳ないのですが、今まで食べたはちみつと比べ物にならないくらい、ハイグレード&ハイクオリティなはちみつです。

自然の甘さと濃厚な味わいというか・・・もう病みつきですね。

このはちみつ、お値段もびっくりのひとつ¥4,700!
でも、世界一の環境で作られた、世界一おいしいはちみつだから、仕方ないですね。
でも、一度食べてみる価値はあります。

インドの紅茶は、お手頃価格の180円!
ミニパック入りで、8種類のバラエティが楽しめます。

tea3.jpg


これから、POP作りの続きを行います。
また、商品はひとつひとつ紹介させていただきますね。

ぜひ新商品たちを見にきてくださいね♪




ただいま、アンリュミエールではホームページ特典実施中です!
↑ホームページへGO!!

 
ランキングを見てみてね!
page top
フランス留学Q&A
文字色こんにちは!Yummyです。

 
いつも応援ありがとうございます!今日もぷちっとワンクリックお願いします。

最近、フランスのエステティック専門学校留学と、CIDESCO(エステティック&コスメティックのインターナショナルディプロマ)に関する問い合わせが多いので、情報共有のため、Q&A形式でブログに載せさせていただきます!

cidesco3.jpg


(↑卒業式の日)


Q.1 フランスでCIDESCOが取得できる学校はどこですか?

A. フランス国内で、CIDESCOが取得できる専門学校は3校しかありません。

ひとつは、私が行ったルーアンのCatherine Lorene
(フランス語のみ)

そして、パリのCatherine-sertin
(英語サイトあります)

3校目は、トゥールのLycee Polyvalent Prive d'Esthetique Cosmetique Touraine
(フランス語のみ)

CIDESCOは、オプション扱いであるため、フランスの国家資格(CAP:セーアーペー、BP:ベーペーなど)のコースが必修となります。

CAPを取得するためには、一般教養科目も履修する必要があります。(フランス語、英語、化学、地理、歴史など・・・レベルはそれほど高くはありませんが、フランス語での論述式試験のため、外国人にとっては大変です。フランスの専門学校は、エステティック&コスメティックだけを学びたいという人には正直、不向きだと思います。)

cidesco1.jpg


Q2.フランスでアロマの勉強がしたいのですが。

A.以前のブログでも詳しく書いたようにフランスでは、精油の調合や処方が医師免許がなければできないため、日本にあるような誰でも通えるアロマテラピースクールは存在しません。

Q3.学校では具体的にどんなマッサージを学べますか?

A.いろいろなマッサージを数回の授業で、さらりと学ぶ程度です。覚えてもすぐに実践する機会がないので、すぐに忘れてしまいます。

私の学校では、CIDESCOのオリジナルマッサージ、カリフォルニアマッサージ、リフレクソロジー、指圧などをやりました。

フェイシャルは、それぞれのブランドによって決まったモデラージュ(顔のマッサージ)がある場合は、それぞれ学びました。学校では、いろいろなコスメブランドを試します。アンリュミエールで取り扱っているYON-KA(ヨンカ)もそのひとつです。

その他、機械を使ったトリートメントや、メイク(ナチュラルメイクから舞台メイク、ペインティングのようなメイクまで)

cidesco4.jpg

(ルーアンの母校です!)

Q.4 入学時期はいつですか?コースは何年ですか?

A.入学時期は9月ですが、CAPのオプションでCIDESCOを受講する場合、10月にCIDESCOの授業がスタートして、6月末に試験が行われます。
CIDESCOの授業は、CAPでカバーできる範囲は、授業数にカウントされてます。CIDESCO自体はオプションなので、通常1年のCAPで組み合わせます。または、2年コースの2年目から加えるパターンもあります。

ちなみに授業は朝8時スタートの、夕方5時までです。冬は外の太陽をほとんど見ることなく1日が終わってしまいます。ルーアンの朝8時は真っ暗でした。

Q5.フランス語はどの程度のレベルが必要ですか?

A.日常会話レベルが必要です。

と言いたいところですが、私は4ヶ月語学学校に行っただけで、専門学校に入学したため、最初のうちはチンプンカンプンでした。外国人は3人(フランス語ぺらぺらの中国人1人と、日本人2人)しかいないという状況だったので、先生は外国人だからと言って特別扱いしてくれません。

Q.6 フランスの専門学校を卒業後は、フランスのサロンで働けますか?

A.う~ん、どうでしょう?就労ビザを取得するのに最低1年はかかるので、その間どのように暮らしていくかが問題です。ビザもサロンのオーナーが複雑な手続きをしないといけないためなかなか難しいようです。

スタッフの募集を出して、フランス人の応募がなかったこと、また、フランス人よりも日本人を採用しなかればならない理由などを説明しなければならないそうで、サロンオーナーの協力が必要になってくるようです。

フランス人と結婚すれば問題ないです。

まだまだ質問はたくさんいただいているのですが、代表的なものをピックアップして答えさせていただきました。

このほかにも「フランスはエステの本場ですか?」といった質問もあったのですが、これに関してはなんとお答えしたらいいのか困りますね~。

本場といえば、本場ですが、日本の方が進んでいる部分もありますよね。機械に関しては日本は世界のものがどんどん入ってきますし、ハンドマッサージの技術的な面ではアジア地域の影響を受けて発展している面もありますよね。(アーユルヴェーダとか、バリ式とか、中国のツボや経絡とか。)

エステとアロマってフランスではまるで別物なのですが、日本だと、純粋なるアロマテラピーサロンだけでなく、いわゆるエステティックな要素(例えば、機械を使ったトリートメントとか)と組み合わせたメニューを提供しているサロンがあったりと、変化していますよね。

日本人お得意のアレンジですね。それぞれのいいところだけを取って、日本人好みにアレンジしていく能力には本当に長けていると思います。

で、話は元に戻りますが、フランスは本場か?というと、エステティックというものの歴史もあるし、アロマなどに関する法律もしっかりあるし、国家資格まであるという意味では本場かもしれません。
それから、日本よりももっと身近なところにサロンというものが存在しているような気がします。
ただし、アロマテラピーサロンはほとんど見かけません。

今日はフランス留学に関するQ&Aをお届けしました!
それではまた明日。

いつもブログをご覧いただいているみなさまへ。

アンリュミエールでは、ホームページ特典を実施中です。

¥10,000以上のトリートメントメニューがALL20%OFF(初回限定)になります。

3月は何かと忙しく疲れも溜まりやすい季節です。また紫外線も強くなり始める季節で、季節の代わり目は肌トラブルも多くなる時期です。ぜひ、アンリュミエールのトリートメントをお試しくださいにっこり

ご予約は、03-6893-6893まで!
お待ちしております!

 
ランキングを見てみてね!
page top
SHOP作りに向けて奮闘中
こんにちは!Yummyです。

 
いつも応援ありがとうございます!今日もぷちっとワンクリックお願いします。

昨日は、13時間も寝てしまいました。起きたら13:00!寝すぎですえぇ

最近、いろいろと忙しい日々が続きちょっと疲れが溜まっていたのかもしれません。

週に1度の店休日は、私にとって唯一の休日なのですが、今日はお店のディスプレイを変えるために、南船橋にあるIKEAへ行ってきました。IKEAは港北にもありますよね。うちからだと、どちらも同じくらいの距離でどちらも遠いです。

先日のブログで紹介した八基通商株式会社の社長様から、店舗作りの貴重なアドバイスをいただいたので、さっそくディスプレイのためのテーブル2つと、小物類を調達してきました。

社長様曰く、アンリュミエールはキレイなお店だけど(キレイ過ぎるとも言われました)、入りにくい雰囲気が漂っていて、路面店のメリットがあまり活かされていないとのご指摘を受けました。

「会員制のサロンだと思っている人も中にはいるかもしれない。」とのことなので、もう少し誰でも入りやすい店舗にすべく、リニューアルを企てています。

通行人が店内に入りやすくするために、まずは当店で既に取り扱っている「はちみつ入り紅茶&ハーブティー」をかごに入れて、店頭の一番目立つところに置いてみました。

すると、どうでしょう。

2時間もしないうちに2人のお客様がお店の扉を開けてくれました。
ひとりはお茶を買ってくれました。「今日は、時間がないけど今度トリートメントも受けてみたい」とのことでした。

もうひとりは、トリートメントに関する問い合わせのために訪れ、「今度予約の電話を入れます」と言ってくださいました。

今までは、あまり店内に入ってくる人がいなかったのに、ちょっとしたことでスゴイ効果です。
まさに、商売は心理学なのですね。

取り扱っているものが同じなのに、流行る店と流行らない店ってありますよね。
たとえば、薬局は分かりやすいと思います。

入り口付近のディスプレイが通行人の心をくすぐるようなマツモトキヨシは流行っている店の良い例かもしれません。

逆に、はなから調剤メインでやっているような薬局は、本当に地味ですよね。
もし、ディスプレイを変えたら調剤以外の商品も売れるようになるかもしれないのに、もったいないですよね。

今のアンリュミエールは、もともとサロンというものから出発しているので、まさに調剤薬局のような状態です。これからは、少しショップをイメージして、店舗作りを進めていこうと思っています。

具体的には、親しみやすい紅茶やハーブティーのバラエティを増やしたり、体にいいヘルシーフードを置いてみたり・・・こんな感じでスタートしようかと考えています。

「新しい顧客の創造」という言葉が、大学生のときに読んだ経営学の本本に書いてあったような気がします。まさに、目指すはココですね。今まで、アンリュミエールの扉を開こうとしなかった人も、ふらりと立ち寄れるような少しカジュアルな雰囲気を出していきたいと思います。

来週か再来週には、実現したいと思っています。
またブログで紹介させていただきますね音符

いつもブログをご覧いただいているみなさまへ。

アンリュミエールでは、ホームページ特典を実施中です。

¥10,000以上のトリートメントメニューがALL20%OFF(初回限定)になります。

3月は何かと忙しく疲れも溜まりやすい季節です。また紫外線も強くなり始める季節で、季節の代わり目は肌トラブルも多くなる時期です。ぜひ、アンリュミエールのトリートメントをお試しくださいにっこり

ご予約は、03-6893-6893まで!
お待ちしております!

 
ランキングを見てみてね!
page top
フランス集め
Bonjour!
ボンジュール!Yummyです。

 
まずはランキングへ!いつも応援ありがとうございます!

今日の私は、かなりフレンチフランスな気分です。

日本にいながらフランス気分を味わうには、フランス関連の本を買って読むことですね!

今日は3冊フランスの本をまとめ買いしちゃいました。

今週に入って既に2冊の本&雑誌を買って、今日また3冊。。。どんどん買って、ちょっとずつ読んで、先週買って読みかけだった本を引っ張り出して。。。

月に本&雑誌で20冊近くになってしまいます。最近は情報収集のための雑誌の方が多いのですが。でも、あとで何度も読み返すのは雑誌ではなく、単行本などのいわゆる本本の方ですね。

それでは、本日の3冊を紹介します!

libre.jpg


まずは、「パリのかわいいショーウィンドウ

この本は、アンリュミエールのショーウィンドー作りに役立てようと買った1冊です。
パリのブティック、雑貨屋、パティスリー、パン屋・・・などさまざまな店舗のショーウィンドーと、店内の写真が載っています。
かわいいイラストマップも載っていて、見ているだけで、すっかりパリを散歩した気分になれます。

アンリュミエールを始めてから思うこと・・・それは、アンリュミエールはフランス好きと、フランスに縁がある人がかなりの確率で集まってくるということです。
フランスに住んだことがあるというお客様は一人や二人ではありません。

また、先々週はマルセイユ在住のギリシャ人ビジネスマンが「ジェットラグなんだよ。マッサージュ、シルブプレ!」と飛び込んできました。5日間の滞在のうち、2日も来てくれました。

話は本に戻ります。

provence style


続いての本は、「プロバンス・スタイル

この本はTASCHENという出版社の「★ICONS」というシリーズで、プロバンススタイル以外にも、
アメリカンスタイル、アフリカンスタイル、ロンドンスタイル、ブリュッセルスタイル、ベルリンスタイル、チャイナスタイル・・・いろんな国や都市の本が出ています。

なぜか、プロバンススタイルは、タイトルが日本語で書かれています。洋書なのにどうしてでしょう?日本人はプロバンスが好きで売れそうだから?

この本は、写真のみで、文章が全くありません。ラベンダー畑やプロバンス地方の家屋の写真を電車の中で、食い入るように見てしまいました。
やっぱりプロバンスはステキですheart02

最後はこちらの通販カタログです。

eyeco1.jpg


eyeco〔アイコ〕です。

これは、表紙のエッフェル塔に惹かれて、買っちゃいました。
このエッフェル塔、実はボールペンなのです!欲しい絵文字名を入力してください!!

このエッフェル塔ボールペン、¥4,900!
フランス製です。結構なお値段ですね。

「eyeco」は、自然への配慮のある商品、再利用への配慮のある商品・・・といったコンセプトの商品を集めた通販カタログです。
最近、本当にエコブームなのですね。

本屋さんで、こんなロハスデザインの本も発見しました。

ロハス


ロハスグラフィックスです。

これは、デザイナーさんとかが読むプロ向けの本ですね。プライスが¥14,700といかにもプロ仕様です。エコやロハスをコンセプトにしたデザイン(広告、販促ツール、パッケージデザイン)がたくさん載っています。

近々、アンリュミエールのショーウィンドーと店内をちょっといじる予定です。
フランス関連の本は、情報集めのために読み漁っているのです。
少し変わる(予定の)アンリュミエールをお楽しみに!




ただいま、アンリュミエールではホームページ特典実施中です!
↑ホームページへGO!!

 
ランキングを見てみてね!
page top
世界中からおいしいものが大集結!
こんばんは!Yummyですうふ

 
いつも応援ありがとうございます!今日もぷちっとワンクリックお願いします。

以前、バラトールローズのことを書いた「ローズに注目!」というブログで、バラの紅茶を取り扱っている会社へ行くと書きましたが、昨日さっそくお邪魔してきました!

yatsu3.jpg


九段北にある八基通商株式会社という紅茶やメープルシロップなどの食料品や生活用品を輸入している会社の福地社長さんにお会いしてきました!

この壁一面の棚だけ見ると、外国の雑貨屋さんみたいですけど、オフィス内にある展示スペースです。

バラの紅茶と食べられるバラがあるという情報だけ聞いて行ったのですが、私が好きなカナダのメープルシロップをはじめ、パスタ、はちみつ、チョコレート、また化粧品などさまざまな商品が並んでいました。

どの商品も世界最高峰のいわゆる「良いもの」揃いで、生産者のこだわりやその土地や自然を感じられるナチュラルフードばかりでした。さらに、生産地の風土や文化が感じられるような、かわいらしいパッケージにも、心くすぐられました。

yatsu5.jpg


たくさん写真を撮らせていただいのですが、まずはこれが食べられるバラです。

yatsu6.jpg


このようなパッケージに入っていて、真ん中の花はスミレだそうです。
フランス生まれだそうですが、作られている場所は、「工場」とは呼ばず、「Jardin(ジャルダン=庭)」と呼ばれているそうです。
砂糖がまぶされていて、お菓子のようなバラですね。

yatsu4.jpg


そして、こちらがインドの紅茶たちです。SAN-CHA(サンチャ)というブランド名で、インド政府御用達の紅茶鑑定士であるサンジャイ・カプール氏のセレクトした8種類の紅茶です。

yatsu8.jpg


小さなパッケージに入った詰め合わせは、見た目もかわいく、さまざまなフレーバーが楽しめていいですね。昨日は、この中のローズをいただいたのですが、香りがとてもよく、バラの花びらがたくさん入っていてとても優雅な気分になれましたローズ

yatsu7.jpg


こちらはカナダのメープルシロップです。ホットケーキにつけて食べると最高ですね。
メープルシロップにはいろいろな種類があるのですね。
メープルシロップを煮詰めた「メープルスプレッド」や、海藻を加えて固めた「メープルジェリー」など初めて目にするものもあり、見ているだけで楽しかったです。

ギフトセットです。かわいい箱目当てで買っちゃいそうですね。

全部紹介したいところですが、なんせ種類がたくさんあり過ぎて、1回ではとても無理なので、また改めて紹介しますね。

特に、ハチミツは格別でしたよ!カナダ産の超高級な生のハチミツを生まれて初めて食べてきました。カナダの肥沃な大地を感じるような、自然の味わいでした。液状ではなく少し固まった感じでスプーンですくって食べるのですが、もうクセになりそうなおいしさでした。

最後に、フランスの新聞にかの有名なジダンの下に載っているのは??

yatsu1.jpg


前回のワールドカップで、ジダンはイタリアのマテラッティを頭突いて話題になりましたが、その時の一面の下の方に、「Des japonais dans la lavande」という記事に社長さんが載っているではないですか!!

「La Provence(ラ プロヴァンス)」という地方紙です。フランスはイタリアに負けて2位でしたが、ジダンの頭突き事件で、彼が一番注目されていましたね。頭突きは許されない行為とは言いつつも、フランス人の間では彼は今まで以上にヒーロー扱いされていたような気がします。

そんな歴史的な日の新聞の一面に、「、「Des japonais dans la lavande=日本人、ラヴェンダー畑の中に」(直訳するとこんな感じです)
という見出しで記事になっているなんてメモリアルですね!

yatsu2.jpg


(↑拡大)
一番左が社長さんです。
ラヴェンダー畑以外にも、ロクシタンの工場なども見学されてきたそうです。うらやましいですねキラキラ

ローズティーの他にも、カナダのキャラメルやチョコレートをいただいたりして、社長さんにはいろいろなお話を伺うことができて、気が付いたら2時間近くも経っていました。

ひとつひとつのプロダクトが、その歴史や風土、生産者の熱い思いを語りかけてくるような…それがやがて世界に広まり、それから美味しい料理が生まれて…まさに食は文化なのだと思いました。

自分が食べてきたもの=自分の体なので、やっぱり良いものを食べることはとても大切ですね。

現代に生きる日本人の食生活は乱れてがちで、さらに、最近は食の安全も問題視されていますよね。
そんなときだからこそ、本当に体に良いものを食べて、いつまでも健康で、元気に過ごしたいものですね。

体の外側だけでなく、内側からもキレイを心がけることによって、本物の美は生まれるものです。

そんなことを改めて考えさせられた一日でした。


世界のおいしいものを日本にいながら食べられるなんて、日本人は幸せですよね~。
そんなことを考えていたらお腹が空いてきたので、今日はここまでにします。

それではまた明日!




ただいま、アンリュミエールではホームページ特典実施中です!
↑ホームページへGO!!

 
ランキングを見てみてね!
page top
フランス、アロマテラピー事情
こんにちは!Yummyです。

 
まずは、ワンクリックお願いします!

今日はフランスのアロマテラピー事情です。

1928年、世界で初めて精油(エッセンシャルオイル)を用いた自然療法を「Aromatherapie(アロマテラピー)」と名づけたのはフランス人科学者のルネ=モーリス・ガットフォセ氏です。

南フランスにはラヴェンダー畑やバラ園が広がり、精油を採取するための花の摘み取りが早朝から行われます。

そんなフランスではさぞかしアロマテラピーが盛んに行われているのだろう!

と思いきや、残念ながら一般人にはほとんど浸透していないというのが実情です。

フランスでアロマテラピーサロンは、1軒も見たことがありません。「サロン・ド・ボーテ」や「アンスティテュ」、また小規模の「キャビン」と呼ばれるエステティックサロンは街中で見かけることができるのですが、アロマテラピーはこのようなサロンでは行っていないのです。

実はフランスではアロマテラピーは医療行為なので、医師だけが精油の処方を行うことができます。メディカルアロマテラピーという言葉を日本でも耳にすることがありますが、フランスで行われているアロマテラピーはまさに医療なのです。そのため、精油が健康保険の適用医薬品として扱われており、内服も認められています。

フランスでは、精油をPharmacie(ファルマシー=薬局)で買うことができます。処方箋がなくても、普通に買うことができますが、私が以前、精油を買おうとしたときにいろいろと薬剤師さんに注意を促されたのを思い出します。

「アロマテラピーの勉強をしているの?」とか、「直接肌につけてはいけません。」とか、「中に入っている説明書をちゃんと読むように…」といろいろ言われました。
日本では、雑貨屋さんで売っているのに比べると、随分厳重な取り扱いだなと思いました。

このように、いろいろと規制が厳しいフランスではアロマテラピーをサロンで取り入れることはできないのですよね。精油の処方ができるのが医師に限られるとなると、アロマテラピースクールといった教育機関も存在せず、精油を使ったマッサージを気軽に受けることは、フランス国内では意外と難しいようです。

現在広く行われているアロマのマッサージは、ルネ=モーリス・ガットフォセ氏の弟子のマルグリット・モーリー女史がイギリスに伝えて普及させた「アロマセラピー」が始まりです。

なので、アロマテラピーを学ぶとしたら、フランスではなくイギリスに行った方が良いということになるのですね。

フランス、特に南仏は本場なのに、そこで自然に触れながら学べないのはちょっと残念ですね。南仏で、採取したてのローズの精油を使って、バラ園でトリートメントを受けるなんてことは実現不可能なのでしょうかねぇ。

フランス人にとって香りといえば、Parfum(パルファン)です。

118.jpg


この本は、私が香りについて初めてフランスの専門学校で学んだときに使った教科書です。

Crassification des Parfums et Terminologie(香水の分類と専門用語)」

グラースにある香水のミュージアムでも取り扱いのある本です。(グラースは、フランスの南東部に位置する香りのメッカと呼ばれている街)


香水の種類が、かんきつ系、フローラル、オリエンタル、ウッディ・・・などに分類されていて、これまでに製造&発売された大手メーカーの全ての香水が分類されて記載されています。

シャネルの5番はフランス人にとっても特別の存在らしく、授業でもまず最初に
「シャネルNO.5はどこの分類にあるか探してみましょう!」と先生に言われました。

この本の分類によると、シャネルNO.5は「Floral Aldehydic」になります。説明文が次のようにあります。

It still is a floral bouquet,often extended by the addition of animal notes,powdery,slightly,woody.The top note is always made up of aldehydes,associated with citrus or floral notes.

う~ん、なんかいい具合に美しく訳せそうにないので、分かる方は読んでくださいね。


香水というとアロマテラピーとは直接は結びつかないかもしれませんが、中身を見るとアロマテラピー?って思わせるような内容です。


トップノート:ネロリ レモン ベルガモット アルデヒド

ミドルノート:ジャスミン ローズ イランイラン アイリス ミュゲ

ラストノート:サンダルウッド シダーウッド バニラ ベチバー アンバー ムスク、シベット

こうして見ると、アロマテラピーだけでなく、香水にも興味が湧いてきまませんか?

ちなみに、ネロリとジャスミンとローズは南仏のグラース産だそうです。この3つは高級エッセンシャルオイルの代表格ですよね。

フランスのアロマテラピー事情、香水で締めくくりとなりましたが、フランスで香りと言えば香水の方がフランス人に広く浸透しています。

アロマテラピーの発祥の地、フランスではなかなかアロマテラピーには触れ合えなかった私ですが、いつかフランス人医師の処方によるメディカルアロマを受けてみたいものです!




ただいま、アンリュミエールではホームページ特典実施中です!
↑ホームページへGO!!

アンリュミエールでは、YON-KA(ヨンカ)のブレンドオイルを用いたアロマリュクスマッサージュというコースがあります。ぜひお試しくださいね♪

 
ランキングものぞいてみてね!
page top
写真撮影が行われました!
こんにちは!Yummyです。

 
まずはプチっとワンクリックお願いします。

今日はアンリュミエールで、素敵なカメラマン(ウーマン)さんによる写真撮影が行われました!

satsuei2.jpg


↑ブログを通じて知り合ったsayoriさんです!

私がsayoriさんのホームページ「わたくしごとおもしろごと」を見つけたのは今から約3年前のフランスにいる頃です。今でも覚えているのが、検索キーワードが「メイクアップフォーエバー(MAKE UP FOR EVER」でsayoriさんのHPにヒットしたことです。

メイクアップフォーエバーは、パリのコスメティックブランドで、その日、私はパリでメイクアップフォーエバーのコスメを大量買いしたのです。

実は、sayoriさんの本業は、ヘア&メイクアップアーティスト!!私たちが普段テレビで見ているドラマや、映画のお仕事をされているのです。

カメラはご趣味ということですが、プロ並みの腕とセンスの持ち主で、sayoriさんのHPとブログをいつも見ていた私は、すっかりsayoriさんの写真に惚れこんでしまった訳です。

私が、3年近くも読み続けているブログというものは他にはなく、お気に入りのブロガーさんに自分からメールさえ送ったことがなかった私です。そんな私が、今回思い切ってドキドキしながら、sayoriさんに「アンリュミエールをぜひ撮っていただきたい!」とお願いのメールを送ったところ、快諾してくださり、今日の日を迎えたのです。

わたくしぶろぐおもしろぶろぐ

↑こちらのブログは、sayoriさんの写真ブログです。とっても美しいセンスの良い写真に目を奪われます!どれもがポストカードになるような作品の数々です。

日々美々

↑sayoriさんは、もうひとつ「日々美々」という美容ブログも書いていらっしゃいます。(ここでは、sayomaruさんというハンドルネームです。)

こちらのブログ、さすがプロ!と思わせる記事の数々・・・コスメやメイクに関することなど話題豊富で、プロとしての意見や指摘は、とっても参考になります。sayoriさんの探究心には本当に頭が下がりますね。私も見習わなければ!!

satsuei.jpg


今日の撮影は午前11時半頃から、途中休憩をはさんで、夕方、日が沈む時間まで行われました。
外観から、ラウンジ、トリートメントルーム、パウダールーム、化粧品、トリートメント風景・・・とたくさんの写真を撮っていただきました。

今からどんな写真ができあがるか、ワクワク楽しみにしています。

rose2.jpg


こちらは、以前にもプリザーブドフラワーの記事でも紹介した友人の椎原さんが作ってくれました!

アンリュミエールでは、ローズをテーマにしたイベントを考案中で、そのときに使う写真を撮ってもらうために、生花のアレンジをお願いしました。

こちらもさすがプロ!チョイスしたバラの種類もちと違いますね。
こちらの作品は、アンリュミエールのウィンドーに飾っていますので、ぜひ見に来てくださいね♪

今日は、とても充実した休日でした。
いつもゴロゴロしながら過ごす日曜日ですが、今日は脳とハートに刺激を受けた一日でした。
自分と違う世界の人との出逢いは、ドキドキワクワク胸が躍りますし、新鮮な気持ちになります。
心もなぜかリフレッシュでき、明日から新たな気持ちでがんばろう!ってやる気も出てきますね。

写真ができたら、ブログやホームページ、チラシなどで使用させていただく予定ですので、お楽しみに!!




ただいま、アンリュミエールではホームページ特典実施中です!
↑ホームページへGO!!

 
ランキングをのぞいてみてね!
page top
プロフィール写真
こんにちは!Yummyです。

 
まずは、ぷちっとワンクリックお願いします!

プロフィールの写真を変えてみました。

先週撮った写真をアップさせたのですが、日曜日に髪をボブスタイルに変えたため、実際の雰囲気とちょっと違います。しかもこの写真、風邪気味の時だったので顔がむくんでいますね。。。

プロフィール写真って難しいですね。
初めて私のブログにたどり着いた人は、プロフィールに目を通すと思うのでセラピストらしい写真の方がいいのでは?というアドバイスにより、変更することしたのですが・・・。

普段私のブログについて、いろいろな意見・感想を友人や知り合いから聞くのですが、必ず話題にのぼるのが、このプロフィール写真です。

「プロフィール写真は正面の方がいい」とか、「もっと明るいところで撮った方がいい、暗く見える」とか、「笑った方がいい。」とか・・・・・・・。

profile.jpg


↑今日初めてこのブログにたどり着いた方のために、前のプロフィール写真も参考までにアップさせておきます!!

今日からは新しい写真でしばらく様子を見てみます。


さて今日から3月ですね。そして明日3月2日で、アンリュミエールはオープンして丸5ヶ月を迎えます。

まだ5ヶ月しか経っていないのか~っと思ったり、もう5ヶ月か・・・と思ったり。

このブログも書き始めて半年が過ぎました。

ブログを日々書いていて一番うれしいことは、ブログ読者の方がアンリュミエールに実際にご来店してくださることですね♪

ブログって書きたいことがあるときは、スラスラと書けて楽しいのですが、毎日これといったネタがあるとは限らず、頭を悩ませていることもあります。正直眠たくて、書きたくないな~っと思う日もあります。

何も書くことを思いつかない日でも、ブログを書く画面を出して何かしら書き始めると、話題が自然と見つかるんですよね。不思議なものですね。

何か「ブログで○○について書いて欲しい!」というリクエストがあったらコメント欄か、メールで教えてくださいね!

もちろん、私の書ける範囲のことで。。。

たとえば、フランス留学のこと、起業についてなどなど・・・。具体的なテーマの方が書きやすいかもしれません。

それでは、良い週末を!!




ただいま、アンリュミエールではホームページ特典実施中です!
↑ホームページへGO!!

 
ランキングをのぞいてみてね!
© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。