東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ローズに注目!
こんにちは!Yummyです。
今日は、愛すべきローズのお話です!読むだけで優雅な気分になれる~。

 
まずは、ぷちっとワンクリックお願いします!今日は何位かな?

ローズ

(パリのフロリストの店頭にて撮影しました。)

今日、ある方にバラの花びらが入った紅茶と、バラのジュースをいただいたのですが、それだけでなくバラにまつわるいろいろなお話を伺うことができました。

バラの紅茶、とっても優雅な気分になれるフレーバーで見た目も美しく、香りをかいだだけで、気分はもうエジプトの女王クレオパトラ~な感じ!?

バラのお茶といえば、ローズレッド(バラの花びら)、ローズヒップ(バラの花が咲いた後につく実)、などがありますが、いづれもビタミンCが豊富(レモンの20倍と言われている)で、美肌効果が期待できます。また、ローズはホルモン分泌を調整する効果ににも優れ、生理不順や更年期障害といった症状の緩和にも有効です。

アロマテラピーの世界では、ローズは特別な存在として一目置かれているような気がします。
ローズの精油1Kgを抽出するのに、バラの花弁が5トンも必要だそうです。ローズの精油が高価なのも納得ですね。

usine_03.jpg


イメージはこんな感じでしょうか?Fragonard(フラゴナール)のHPよりお借りしました。フランス語&英語サイトです。

フラゴナールは、香水のメッカであるGrasse(グラース)生まれのブランドです。

SECRET OF MAKING PERFUMESというところが読んでみるとおもしろいですよ!
ここでは、『for 1 kg of Cabbage rose essence, over 3000 kg of roses are required.』
とありますね。セイヨウローズの精油1kgを抽出するのに、3000kg以上のローズが必要とのことです。

フランスのお墓の周りにはたくさんのバラの木が植えられているそうです。
これは単にバラの花が綺麗だからという理由でなく、バラの持つ、殺菌力&抗菌力が土葬のフランスのお墓で力を発揮するそうです。

カトリックでは火葬はタブーなので、(といっても、最近はパリなど都市部では火葬も多くなっている。)土葬がメインなのです。
バラの力って凄いですね!!

来週、バラの紅茶などを取り扱っている会社のショールームへお邪魔することになりました。今日、少しだけ電話で社長さんとお話をしたのですが、日本で唯一この会社だけが取り扱っているという「食べられるバラ」もあるとのことです。シャンパンなどに入れて楽しむそうです。贅沢ですね~。

それから、アンリュミエールでローズが楽しめるプロダクトも実はあります。
YON-KAのオプティマイザークリーム&フルイド(美容液)はワイルドローズ配合です。
(詳しくはYON-KA公式サイトへ)

アンチエイジング「オプティマイザー」90分 ¥19950 
(初回は20%オフ)

というコースもあります。リフトアップ効果の高く、次の日会社で「どうしたの?なんか顔が違う。」と言われる可能性が高いコースです。(お客様の体験談より)

ぜひ、アンリュミエールでお試しくださいね。

ローズ2


最後に、美しきローズづくしを!ドイツに近いストラスブールのフロリストで撮った写真です。
お店の前のストリートは、バラの花びらが散らされてとてもきれいでした。

《予告!》
アンリュミエールでは、3月にローズのイベントを実施する予定です。
ただいま、アイデアを考案中です!お楽しみに!





ただいま、アンリュミエールではホームページ特典実施中です!
↑ホームページへGO!!

 
ランキングをのぞいてみてね!
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。