東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
エステサロンの業務停止命令について思うこと
こんにちは!Yummyです。

先日、某大手のエステティックサロンが、支払い能力のない若年者に高額な契約を結ばせたり、虚偽(ウソ)の説明を行うなどの悪質な行為を行ったとして、東京都から3ヶ月間新規契約の勧誘や締結を禁止する命令がくだされました。

今日はこのことについて・・・。

 
その前に、今日もぷちっとワンクリックお願いします。

アンリュミエールは、オープン当初から「エステティックサロン」と名乗ることを避けているのですが、これもこのような出来事と無関係ではないのです。

エステティックサロンやリラクゼーションサロンなど、美容&健康を提供する業界は「信用」が全てです。その「信用」を得るために、またお客さまとの良い関係を作っていくために、日々たゆまぬ努力をしているといっても過言ではありません。

「信用」というのは、お客様からの「信用」でもあり、世間一般に対する「信用」というものももちろん含まれます。そして、その「信用」をはかる方法としてクレジットカードというものがあります。

クレジットカードは「信用」がないと持てませんが、お店も「信用」がないと加盟店になれませんし、加盟店になった後に、時間をかけてさらに「信用」を築いていくこともできれば、問題があれば加盟店契約を取り消されることもあります。

以前のブログでもクレジットカードに関して、「クレジットカード問題」と「クレジットカードが使えるようになりました」で書きましたが、昨今エステティックサロン(美顔、痩身、脱毛をしているお店)が新規加盟店契約をするのが難しいのは、カード会社が今回の某大手サロンで起こったような危険を察知しての自己防衛策であるので仕方がありません。

実際にこれまでに何度もこのような業界の信用を失墜させるような出来事が起こっていますしね。

そして、今回の出来事でさらに美容業界の「信用」は失われたことでしょう。

カード会社からの「信用」が失墜しただけでなく、消費者からも美容業界(エステ業界)がひとまとめに不信の目で見られるのはとても残念なことです。

アンリュミエールは、クレジットカードの加盟店契約をするにあたり、パンフレットのどこにも「エステ」という言葉がないか、回数券など分割して支払うメニューはないかなど3ヶ月もかけて審査され、さらには1回の支払いの金額に制限(40,000円まで)が設けられています。

アンリュミエールは、「エステ」というとカード会社に「信用」の面でNGなので、あくまでも「リラクゼーションサロン」ということになっています。

お客さまにとっては、目的はそれぞれ違うので、「エステ」と思って美容目的で通っている人もいれば、「リラクゼーション」や「癒し」を目的で訪れる人もいるので、アンリュミエールはエステでもあり、リラクゼーションでもあります。

お客様も支払いに関して、何の心配も持たずに初めて来られる方もいますが、最初に「支払いは1回ずつですか?」と心配して聞いて来られる方もいます。やっぱり心配ですよね~。今回の出来事は、こんなお客様の心配をさらにアップさせてしまい、サロンに足を遠ざける遠因にもなり兼ねません。

今回の事件の一番の問題は、何も「信用」の面で問題のないサロンが、今回の出来事で同じように見られて、偏見を持たれてしまうことです。具体的には、「契約を迫られるかもしれないから、エステには行くのが怖い」と思われたり、さらには「エステ=詐欺」のように誤解されてしまうことです。

日本の美容業界に影を落とすような今回の事件、まじめに頑張っているサロンもある意味、被害者なのかもしれません。
本当に迷惑な話、もうこれ以上起こらないで欲しいものです。

今日は、ちょっとお怒りモードですいませんでした。でも、まじめに誠実にやっているからには、声を大にして言いたかったのです。

そんな私にワンクリック↓お願いします!

 

それではまた明日!




ただいま、アンリュミエールではローズフェスティバルローズ開催中です!(大好評です!なるべくお早めにご予約ください。)

ブルガリアンローズの至福の時間を過ごしにきてくださいね。

ご予約は、03-6893-6893まで!

お待ちしております!
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。