東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
開業資金の調達方法
こんにちは♪Yummyです。

marchsan.jpg

イースターにちなんだ、うさぎ型の粉砂糖がデコレーションされたチーズケーキです。私が昔飼っていたウサギちゃんにそっくりのシルエットに思わず感動しちゃいました。兄からの差し入れなんですけど、耳が短くて、お尻が大きいところがなんともキュートです!

今日は、開業資金についての耳寄りな情報です。これから、開業しよう!と思っている方にはお役に立てるかと思います。

 
その前に、今日もぷちっとワンクリックお願いします。

最近、ブログ読者のセラピストの方が何名かアンリュミエールにお越しくださいました。
しかも、遠いところから新幹線や飛行機に乗って来てくださって、私としても本当に嬉しい限りです!

私も、どこか東京から離れたサロンへ行って癒されたいな~と思っているんですけどね。週に1日しか休みがないので、なかなか旅行には行けないんです涙

そんな同じセラピストをしている方から、よく言われるのが、

「すごいですね~。内装もお金かかっていますよね~。開業資金がんばって貯められたのですか?」

ということです。

答えは、「NO」ですよ!

今日は、聞きたくてもあまり人に聞けないお金出費の話をこっそり教えちゃいますね!

セラピストの給料なんで、たかが知れていますよね。どんなにがんばっても20代では、月30万円がやっとでしょうね。

どんなに節約してお金をコツコツ貯めたとしても、開業資金を貯めるには、時間がかかります。もしかしたら、一生かかっても無理かもしれません。

「10年間、お金を貯めてから開業しよう!」と思っている方、それは時間の無駄なので、止めた方がいいと思います。
本当に開業しようと思っているのであれば、1日でも早く借り入れをおこして、開業してしまう方がいいと思います。

私は、以前、住宅ローンの仕事をしていたので、毎日毎日お客様の借り入れのお手伝いをしていました。今は、頭金がなくて、年収が300万円代でも、2、3000万円もするようなマイホームを購入することができます。

そう、お金は借りられるんですよね。目的さえしっかりしていれば、低金利で貸してもらえるのです。借りることに、負い目を感じることなんて全くゼロです。(目的がないローンはダメですよ。いわゆる消費者金融などは、金利が高すぎるので大変なことになりますから。)

アロマテラピーサロンやエステティックサロンを開業しようという強い意思があり、その思いや計画を「創業計画書」という文面にすることができれば、国から融資してもらえる制度があります。

私が利用したのは、国民生活金融公庫(国庫)の「女性、若者/シニア企業家資金」という新規開業ローンです。

条件は、「女性または30歳未満か55歳以上の方であって、新たに事業を始める方または事業開始後おおむね5年以内の方 」だけです。

まず、女性であれば、勤務経験が短かろうと、取り合えずOKというローンです。(普通は、6年以上企業に勤めていないといけないといった条件があります。)

女性に優しい、男性にとっては「なぜ女性だけ?」と羨ましがられるようなローンです。
ある意味、女性専用車両のようなローンですね。
私の場合は、30歳未満なのでその点でもパスできるのですが、若者やシニアを支援する国の制度なのです。

こんなゆる~い条件で、低金利のローンってなかなかないですよ。

住宅ローンは、収入をさかのぼって2年間は審査されますし、勤続年数も3年以上といった条件もありますし、「これからがんばるんだ!」という意思は全く汲んではくれません。

しかも、このローンは、1000万円以内であれば保証人なしでも融資が受けられます。基準金利プラス1.2%にはなりますが、これも低い方だと思います。

お金を借りるのってなんだか気まずいと感じている人もいると思います。「借金」と言うと、なんだかイメージ悪いですからね。「借り入れ」というと、ちょっと前向きな響きに聞こえませんか?

私はたまたまこの制度を利用しましたが、他にも探してみれば自治体などが行っている開業を支援するようなローンがあるかもしれません。
そして、こういった金融機関に積極的に行っていろいろと相談してみるといいと思います。

国民金融公庫の方は、本当に親切で、いろいろと相談に乗ってくださるので、びっくりしましたよ!
(たまたま担当の方が良かったのかな~?)

創業計画書は、作成するのがかなり面倒ですが、これはお金を借りるために本当に重要なものなので、まず自分の開業への思いを書き綴り、そして資金計画を立てます。

計画はあくまでも計画なので、その通りには行かないものですが、そのことに関して「こんな計画で本当に大丈夫なのですか?成功できるのですか?」なんてシビアな質問はされませんでした。
実際、その通りに行かないことぐらい、審査する側も承知の上で融資しているようでした。

開業の夢をかなえるのは、現実問題「お金」が絶対に必要です。
その点がクリアできれば、思い描いていた夢をカタチに変えることができます。

いろいろと面倒な手続きはありますが、国のバックアップというものは、意外と使えるものだなと思いました。初めて開業する人は、銀行融資よりも、こういった国の融資から考えてみるのがいいのではないかと思います!

開業資金に関して、質問のある方、ご遠慮なくどうぞ!

それでは、また明日星

役に立ったという方、↓ワンクリックお願いします。

 




ただいま、アンリュミエールではローズフェスティバルローズ開催中です!(大好評です!なるべくお早めにご予約ください。)

ブルガリアンローズの至福の時間を過ごしにきてくださいね。

ご予約は、03-6893-6893まで!

お待ちしております!
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

そうなんだ!
そうなんですね!こんな方法が日本にはあるのですね。
私もいつかは絶対自分のサロンがほしいって思ってる人なのでとても役にたちましたよ
ただフランスでも同じなのかなぁ・・・・
フランスもこんなシステムがあればいいのに。
まだ30未満だし、、、、、笑
家を最近購入したのでその時点でもう自分の店をもつことはアウトかなぁ
MmeAki | URL | 2008/03/28/Fri 22:11 [EDIT]
ありそうですけどね。
MmeAkiさん
ボンジュール!
フランスも何かと国の支援制度とかありそうじゃないですか?
学生に対する奨学金制度や家賃補助制度の充実ぶりを見る限り、
何かありそうな気がするのですが。
Akiさん、フランスで家を買われたのですか?スゴイ!
本当にフランスに永住されるのですね。うらやましいです。
最近、本当にフランスが恋しいです。バゲットのサンドイッチが食べたいです。
アン サンドウィッチ de ジャンボンブール しるぶぷれ!
Yummy | URL | 2008/03/30/Sun 02:42 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。