東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
フランスの学校を選んだ理由
こんにちはハート

前々回のブログで、ブログネタを募集したところ、3人の方に質問をコメント&メールでいただきました。順番に記事にさせていただきますね。

今日は、まず一つ目の質問からです。

「どうして日本の専門学校ではなく、フランスの専門学校を選んだのですか?」

という質問です。

 
まずは、今日のランキングチェックから!よろしくお願いします。

今日は、フランスパリの映画アメリの舞台としても有名なモンマルトルで撮影した写真とともにお送りします!

サクレクール

(サクレクール寺院)

私が正式にフランスの専門学校に行こうと決めたのは、実はフランスに渡ってからです。
フランスに行くために語学学校の申込みを6か月分して、長期の学生ビザを取得することができました。実は、4ヶ月はルーアンの学校で、2ヶ月はまだ行くかどうか分からないパリの語学学校への申込をしました。

5月にフランスに行って9月から新学期が始まるので、4ヶ月間はルーアンの語学学校に行ったのですが、そのままルーアンの専門学校に入学したので、パリの語学学校はキャンセルしました。キャンセル料は多少かかりましたが、日本で専門学校を探すのは困難だったので結果的にはこういう方法で良かったと思いました。

学校を分けない場合だと、一度に全部授業料を振り込むと危険です。フランスでは一度払ったお金を取り戻すのは難しいことです。
商品を一度買って返品する場合も、お金を返してもらえるのではなく、交換するというやり方が一般的のようでした。

フランスの学校を選んだ理由というのは、まずフランスに行ってみたかった、フランスで生活してみたかったというのがあって、その後、専門学校を現地で探したためです。

実はそのとき本当にエステティックの学校に進むかというのを決めかねていました。
メイクアップにも興味があったので、エステではなくメイクの学校もいいかなと思ったりしていました。正直、迷っていました。

ホームステイをやり始めて2週間くらい経ったとき、マダムと一緒に、母校であるキャトリーヌ・ロレーヌに話を聞きに行きました。(他にももう1校行きましたが。)
そのとき初めて、フランスのエステティックスクールではエステティックだけでなく、メイクとネイルの勉強もするというを知りました。

なので、もう迷うことなくこの学校に行くことを決めました。まだエステなのか、メイクなのかは迷っているけど、ここなら両方できるんだなーっという思いからです。それと、インターナショナル資格のシデスコが取得できる学校はフランスに3校しかなく、キャトリーヌ・ロレーヌがそのうちの1校だったというのも大きかったと思います。

モンマルトル3

(モンマルトル近くで見つけた香水の壜の店)

ということで、日本の専門学校については何も調べたり、検討することはなかったのです。
大学生の最後に行った卒業旅行で訪れたフランス(アルル、アビニョン、ニース、パリ)が忘れられず、いつかフランスに住んでみたいという思いでフランス行きを決意しました。
フランス語も話せるようになったらいいな・・・という気持ちももちろんありました。

フランスと日本の学校のどちらがいいのかは両方行っていないのでなんとも言えませんが、フランスの専門学校は広く浅くといった感じです。

1年で、フェイシャル、ボディ、メイク、ネイル、デッサンなどの実技に加えて、専門分野の理論(解剖学、コスメトロジー、衛生学など)、そして一番厄介だった一般教養科目があります。フランス語や英語、地理・歴史、物理、数学、ヴィ・ソーシャル・プロフェッショナル(一般生活や就職・雇用に関する知識、社会の仕組みについてなど)などいづれも簡単な内容ですが、こんなことまでなんで専門学校でやるの?という科目がたくさんありました。

日本の専門学校ではこういう科目はないですよね?フランスでバカロレア(大学入学資格)などでそれぞれの教科をパスしていれば、免除されるのですが日本の大学卒業資格では、免除はしてくれません。

専門学校でエステティックだけ、コスメティックだけを学びたいという人にはフランスの学校はムダが多いような気もしますが、それ以上のことを学べたので結果的には良かったと思います。

日本では学べないこと・・・言葉はもちろん、異文化交流などなど。そして、海外で生活すると度胸と根性がつきます(笑)。一回り大きくなれるというか、かなり図太くなり、強くなれます。そういった意味では、フランスの学校はオススメです。

フランスの専門学校に行きたくてネットで調べていたところ、私のブログに辿り着いたという方がたくさんいらっしゃるようで光栄です。どうぞ、ご遠慮なく質問してくださいね!

それではまた明日。

モンマルトル2

(モンマルトル周辺の路地にて)





ただいま、アンリュミエールではローズフェスティバルローズ開催中です!

ブルガリアンローズの至福の時間を過ごしにきてくださいね。

ご予約は、03-6893-6893もしくは、enlumiere@kfy.biglobe.ne.jp(メールでの予約は前々日までにお願いします。こちらから確認のメールをお送りします。)

それでは、お待ちしております!

 
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2008/04/14/Mon 19:14 [EDIT]
フランスエステ留学
初めまして。私は今本場フランスでエステの技術、知識増やし資格を取りたいと思い、学校、滞在の仕方など詳しくしりたく探している段階です。何かいい情報がありましたら教えて頂けませんでしょうか?
ちよ | URL | 2008/11/07/Fri 12:56 [EDIT]
>ちよさん
初めましてこんにちは。コメントありがとうございます。
いい情報ですか?どんな情報が知りたいですか?
一般的な情報としては、ユーロ安で留学は今がチャンスだということでしょうか。
Yummy | URL | 2008/11/09/Sun 21:17 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/02/17/Wed 15:00 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2011/10/04/Tue 17:08 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2012/07/23/Mon 23:36 [EDIT]
Re: エステの学校
こんにちは。メールありがとうございます。

語学のレベルについてですが、
現在の語学力ではなく、学校に入られてからの気合と努力次第だと思います。(もちろん高いレベルにあるに越したことはないですが)
ちなみに、私の2学年上の日本人留学生で語学学校にも行かず、いきなり専門学校に入学して資格を取得して卒業された方もいます。一方で言葉ができるフランス人でも勉強不足で資格を取得できなかったり、授業について行けずに退学した人もいます。


フランスにいらっしゃるのであれば、実際に学校に見学に行ってみて、先生や事務の方に話を聞いてみてはいかがでしょうか。
資料を取り寄せたり、ネットで見る情報よりも、生の情報に触れることが一番良いと思います。

学校に入学してエステの勉強をしたいのだという自分自身の強い意思と決意こそが一番大切だと思います。
その辺がしっかりしていれば、語学の問題はクリアできると思います。
がんばってください。
本田優美 | URL | 2012/07/24/Tue 17:51 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。