東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
なぜYON-KAを選んだのか
こんにちは!

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか?
アンリュミエールは、昨日がピークでした。1日ひとりでできる人数は4名が限界ですね。
「1日4名様限定!」と言ったほうが響きがいいですかね?

さて、今日も質問をいただいたので、それにお答えしたいと思います。

 
いつも応援ありがとうございます。今日もぽちっとワンクリックしていただけると、嬉しいです!

「Yummyさんは、どうしてYON-KA(ヨンカ)を選んだのですか?」
という質問です。

以前のブログで、少しだけ触れたことがあるのですが、今日はちょっと詳しく書きますね。

アンリュミエールのコンセプトは、ホームページにもあるとおり、

プロヴァンス地方にある、「メゾン・ドット」のようなサロンです。

メゾン・ドットというのは、日本語でいうと民宿でしょうかね?
プロヴァンス地方に点在する、ホスピタリティ溢れるオーナーが経営している宿のことです。

特徴としては、プロヴァンスの美しい自然の中にあり、キラリと光るインテリアで居心地がよく、パリジェンヌがバカンスに訪れるような宿でしょうか。

おしゃれなパリジェンヌが過ごすロハスな休日・・・そんなイメージです。

そこで使いたいコスメって何?そこにマッチするコスメってどういったブランド?

と考えたとき、やっぱり「YON-KA(ヨンカ)」だなと思ったのです。

YON-KAには5つの宝と呼ばれる5種類のエッセンシャルオイル(ラベンダー、タイム、ゼラニウム、サイプレス、ローズマリー)が含まれているのですが、やはり注目すべきはフランス産のラベンダーです。

プロヴァンスに欠かせない要素のひとつがラベンダーでもあり、それは同時にアンリュミエールに必要不可欠な要素でもあります。それから南フランス発祥のアロマテラピーをコスメで実現しているブランドって意外と少ないので、YON-KAはその点で50年以上も前からアロマを取り入れたプロダクツを製造している点は大きな魅力でした。

私が店舗のインテリアを考えるときも、今現在、商品を仕入れたり、ディスプレイを考えるとき一番大切にしているのはコンセプトです。これがブレてしまうと、アンリュミエールらしさが失われてしまうと思うからです。いくら売れそうだなと思った商品でも、サロンのイメージを崩すものは置くことはできないのです。

化粧品に限って言うと、いくら良い化粧品(成分がいいとか、仕入れ値が安いとか・・・)でも、コンセプトに合わないものは置けませんし、トリートメントでも使いません。

「国産の化粧品の方が安く仕入れられたり、いいものがあるんじゃないの?」って言われたりするのですが、そういう問題ではないんですよね・・・。

確かに外国の製品は関税やら輸送コストが上乗せされているので、安くはないと思います。

それでも、お客様にアンリュミエールの気分を味わっていただくためには、いくら成分が良くても国産のものじゃダメなんです。フランス産、しかもプロヴァンス関連のものでなければ、非日常的な優雅な気分や、ここでトリートメントを受けるとパリジェンヌみたいにきれいになれるような気がするわふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート的な演出をすることができないのです。

女性って、パソコン選ぶときもスペックよりもデザインで選ぶらしいのですが、コスメ選びもパッケージ買いしている人は多いと思います。

たとえば、ロクシタンは演出が本当にうまいですよね。
「ロクシタンを使っている私って、なんだかおしゃれで、かわいくて、しかもロハスだわLOVE」みたいな気分にさせてくれますよね。

ロクシタンのコスメひとつ買うことで、自分の中に取り入れられるイメージがたくさんあるような気がします。光り輝くプロヴァンスの自然、一面に広がるラベンダー畑や美しく咲き乱れるローズ、・・・ハンドクリーム1個でもそんな世界が広がっていくから不思議です。

バッグにニベアを入れている私よりも、ロクシタンを入れている私の方がお洒落でかわいい!って密かに思っているのですよね。

それが果たして効き目あるかどうかは、あまり関係ないんですよね。女性は感性で買い物をするので。そこに香りが良ければもう、くらっと来ちゃいますから、香りはあなどれませんね。

そんな訳で、私は南プロヴァンスの豊かな自然が凝縮されているYON-KAに惹かれたのです。香りもすご~くいいですからね。
もちろん、品質もいいですけどね。

いくら品質が最高に良くても、それらを裏づけするうっとりするようなストーリーがない商品は全然魅力が伝わらないし、使ってて気分まで変えてあげることはできないと思います。
日本のブランドはその点が弱いな~っと思います。モノはいいと思うんですけどね。

もし、効果だけ期待するのであれば、美容系のクリニックに行ってレーザーなり、ボトックスをする方が手っ取り早いですからね。

そんなわけで、YON-KAはアンリュミエールのコンセプトに近いからというのが一番の理由です。
それと、種類が多くてプロフェッショナルなセラピストがお客様の肌に合ったものを提案するスタイルが、なんだかパーソナルな感じでいいな~っと思ったりもして選びました。

サロン用の化粧品は数え切れないほどあり、サンプルで試すにも限界があると思います。
なので、まずはコンセプトに合ったものを探すというのもひとつの方法ではないでしょうか。

やっぱりコンセプトって大切にしなきゃなと改めて思います。

それではまた明日!

 
ランキングをチェックしてね!
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。