東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
麹町グルメ「麦・石窯・薪 Un」
こんにちはkao01Yummyです。


ランキングに参加中です!ワンクリックお願いしますグー!

しばらく更新ができずにいました。
更新が出来ないときは、仕事が忙しいときか、読書にはまっているときか、またはその両方が重なってしまったときです。今回は・・・両方ですかね。

このご時勢、仕事が忙しいのは喜ばしいことでありますので本当に感謝感謝。。
最近、景気の悪いニュースばかりですが、私はこの状況をわりと楽観的に考えています。

「モノが売れない」と言われている世の中ですが、人の心や体を癒し、ハッピーな気持ちにさせてあげるようなサービスが提供できれば、人の心はそう簡単には離れていかないのではないかと信じています。
今こそ、顧客とのコミュニケーションを大切にして、人の心を捉えられるようなクオリティーの高い接客を心がけて、暗い時代を明るく乗り越えていきたいものですねグー!

さて、今日は麹町グルメシリーズです。
今日のお店は、市ヶ谷駅近くにあるイタリアン「麦・石窯・薪 Un(ウン)(ムギイシガママキウン)」です。
(ホームページは見当たりませんでしたので、ぐるナビのリンクを貼りました。)

aita11.jpg
市ヶ谷駅から日テレ通りに出て1分ほど歩いたところにお店はあります。入口は小さいのですが、店内はとても広いです。アンリュミエールからは徒歩10分ほどです。

では、お料理の紹介です!

aita1.jpg
まずは、お通しです。
玉ねぎ(マリネ?)とローストビーフです。玉ねぎが甘くて、食べやすかったです。玉ねぎが苦手がスタッフのココも、これなら食べられると言っていました。

aita5.jpg
飲み物は、カシスグレープフルーツ。
これ、定番ですね。よく飲みます。

aita6.jpg
チーズがた~っぷりかかったシーザーサラダ。
チーズは、すりおろしながらテーブルでかけてくれます。

aita7.jpg
海老とドライトマトをオリーブオイルで炒めたものです。これは、絶品でした!!最近、ドライトマトにはまっています。生のトマトはあまり得意ではないのですが、ドライトマトは青臭さがなくて、太陽が凝縮されたような味わいが大好きです。こういう風に調理するんですね~。翌朝も、ココと昨日のドライトマトおいしかったですね~っと話していたほどですkao04

aita3.jpg
これもおいしかったです。チキンのソテーに、マスタード&ハチミツのソースがかかっています。ハチミツの優しい甘さと、粒マスタードの辛さが相まって絶妙なソースに仕上がっています。チキンの香ばしさとマッチして、これこそプロの技って感じでした。

aita4.jpg
こちらのお店はイタリアンでありながら、和風のピザやパスタも充実していました。
店名からして、ここの売りはピザなのですが、この日の気分は麺だったので、イカと明太子のクリームソースをオーダーしました。次回は、石窯のピザを頼んでみたいと思います。

aita9.jpg
ティラミスを食べれば、その店の味が分かる!!
というのは私の勝手な基準かもしれませんが、初めてのイタリアンレストランでは必ずと言っていいほどティラミスをいただきます。
こちらのティラミス、とてもおいしかったですよふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

aita8.jpg
アイスクリームに熱々のエスプレッソをかけて食べるこのドルチェの名前は・・・
アフォガードです!!どういう意味なのでしょうか?

aita10.jpg
最後の締めは、カフェラテです!

aita2.jpg
最後に、ココです!!
麹町グルメのほとんどは、ココと一緒に行っています。
この店に行って1週間もしないうちに、以前紹介した「ドォーロ」さんにも行きました。
「フィオーレ」さんは、10日に一度くらいのペースで行っているのですが、最近満席でなかなか入れません。。。とにかくイタリアン好きの私たちです。
イタリアンはおいしいけれど、カロリーが高いので気をつけなくては!!

******************************
麦・石窯・薪 Un
〒102-0076 東京都千代田区五番町5 市ヶ谷ハイツB1
電話:03-3234-4569
OPEN 11:30-14:30/17:00-23:00、土曜は-14:00/-22:00
定休日:日・祝
******************************

東京のインディバ・オーガニックエステサロン アンリュミエール
ブライダルエステのご相談もお気軽に!


enlumiere-logo.gif
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

アフォガードとは…
こんにちは、Sachiです。
毎日寒いですねぇ~。

麹町グルメいつも楽しみにしてます。
ホント美味しそうですね。

アフォガードは、溺れるという意味です。
他のお店では「ジェラート・コン・アフォガード」という名前で出されることも多く、
この場合は「アイスクリームが溺れている」という意味になります。
つまりアイスクリームがエスプレッソに溺れているというわけですよ。

ティラミスは、ワタシもお店のクオリティチェックによく使います。
あとはハウスワインの赤もいいですね。
食べるの大好きなSachiでした。
Sachi | URL | 2009/02/05/Thu 07:35 [EDIT]
なるほどー
Sachiさん
こんにちは。アフォガードの解説ありがとうございます!
そんな意味があったんですね。
エスプレッソの意味は含まれていないのですね。
赤ワイン、私も好きです!
Yummy | URL | 2009/02/12/Thu 00:58 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。