東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
どこで働くのがベスト??
こんにちは。ご無沙汰してすいません。Yummyです。


ランキングに参加中です!ワンクリックお願いしますグー!

今年に入り、フランス語を習い始めて、フランス映画にはまっていたためにブログの更新がおろそかになってしまいました涙

さて今日は質問をいただいたので、この場を借りて、答えさせていただきたいと思います。

留学を終えて帰国された方からの質問です。

フランスからの帰国後、どうしてホテル内のスパに就職したのですか??
その他のサロンは考えなかったのでしょうか?


この質問は他の方からも何度か受けたことがありますが、やはり一番の理由は語学を少しでも生かしたいと思ったからだと思います。

ただ、フランス語じゃ・・・

フランス人のお客様は、2,3か月にひとりという程度でした。英語なら、外国人の多いホテルであれば、週に何回も話すチャンスは訪れると思います。

それから、私がホテルスパに就職した頃(2005年)は、ホテルスパブームだったのですよね。
外資系の高級ホテルが次々とオープンし、都市型のスパが流行り出した頃です。
ラグジュアリーホテルの高級スパは、私にとっても憧れの存在でした。

しかしながら、私は、何もホテルに限定して就職を考えていたわけではありません。
ホテル以外のサロンの面接なども何箇所か行きました。

私は専門学校を出たばかりだったのと、英語圏にいたわけではないので、ホテルの採用基準に合わないケースが多かったように思います。
ホテルスパと言えば、外資系が多いですからね。そうなると、英語の面接があるんですよね。

で、どうしてホテルのスパに就職したかと言いますと、面接に行った際に採用担当者が、
「それでは、明日から来ていただけますか?」とその場で採用を決めてくださいました。
その場で言われると、うれしいし、そういう運命なんだろうな・・・と思い、私も「働かせていただきます。」と即答しました。そんなわけで、いろいろと悩む暇もなく、あっさりと決まってしまったのです。

ホテルでの仕事の魅力は、世界中の人に出会えることでしょうか。普通の生活の中では、出会えなかったであろうビッグネームに会えたりします。高級ホテルですと、何かで成功している人に出会う機会も多いので、そういった方が気さくに接してくれたりすると、嬉しいですし、刺激にもなります。また、人間はみな同じなんだ・・・なんて近くに感じられたりしました。楽しい職場だったと思います。


今、世界は100年に1度の不景気でリストラの嵐と言いますが、エステやアロマセラピーなどのボディケアの業界の求人はまだまだ多いようですね。求人誌の「サリダ」などを見ると、毎回たくさんの求人が出ていますし、ネットでの求人もあるし・・・情報が多すぎて逆に迷いますよね。

質問者の方は、語学も活かせるホテルスパで働くか、そのほかのスパやサロンで働くか迷っていらっしゃるようですが、エステサロンというと営業ばかりでエステティシャンとして働けないといった不安もあるので・・・とのことでした。

語学を活かせるのは、何もホテルだけではない!
というのが、今の私の考え方です。

今、東京には外国人がたくさん住んでいます。アンリュミエールがある麹町にも、大使館が近いイギリス人やベルギー人、また飯田橋(フランスのインターナショナルスクールがある)も近いのでフランス人がたくさん住んでいます。中国人や韓国人などのアジア系も多いです。実際に外国人のお客様もたまにいらっしゃいます。ただ、外国人のお客様のニーズに答えられていないのが現状です。(Ex.メニュー表が日本語だけ、ワックス脱毛を行っていないなどの理由で)

アンリュミエールでも、外国人向けのワックス脱毛などのメニューを導入して、英語のホームページを作ったり、媒体に載せたりして外国人のお客様を集客したいな・・・という考えはあります。でも、実際はホームページや販促物を作成するのが大変だったり(私の英語力が低いため)、電話の応対に不安があったりするので、まだ始められていない状況です。でもいつかは・・・と思っています。


どうしても就職口を探している段階ですと、今の段階で外国人相手にやっているお店を探しがちですが、少し考え方を変えて、

「サロンに就職してから、自分が外国人のお客様を集客して、顧客を開拓しよう」

という気持ちを持ってみてはいかがでしょうか。
そういう積極的な気持ちを持った人の方が、サロンオーナーは喜びますkao03(大手だと難しいかもしれませんが。)

あまりにも外国人の少ないところはNGですが、わりと外国人が多いエリアのサロンではこういった面接時のPRは有効だと思います。ただし、採用の決定打となるわけではありませんが。

またホテルの外国人のお客様は一回きりの場合がほとんどです。またそれはホテルの力で集客したお客様です。
街のサロンですと、何度も通ってくれる可能性があるので、自分が集客したお客様が長く通ってくれるとなると、それは大きな喜びだと思います。それこそ、自分のお客様という感覚ですね。

営業ノルマが厳しいかどうかは入社してみないと分からないですね。大手でも厳しいところと、そうでもないところがあるようなので。


では、街中のサロンで働く魅力ってなんでしょう?

それは、お客様との距離が近いことではないでしょうかね、やっぱり。
ホテルは宿泊のついでに1回きり、または時々来店するというお客様が多いので、長期にわたって通う人はあまり多くありません。メンバー制のところは違うかもしれませんが。お客様のスパの利用で多いのは、ホテルの宿泊+スパ利用のプランで来られる方です。

宿泊しなくても利用できるホテルスパも多いですが、あまり利用者はいないように思います。ビジター料金を払わないといけませんからね。

街中のサロンですと、定期的に通ってくださる方も多いので、お客様の変化(肌がきれいになったり、健康になっていく姿)を見ることができて、またお客様と長く良い関係を築くことができるので、セラピストとしてもやりがいがあります。

さて、最後に「さらにここ何年か日本でお仕事をなさったり、日本でのエステ体験を踏まえて、どんなところで働くのがいいのか、良心的なサロン探しのコツ等、アドバイスをいただければ幸いです。」との質問なのですが・・・

う~ん、難しい質問ですかお

実際に働いてみないと分からない・・・というのが正直なところですが。
私もいろんなところで働いたことがないので、他のところはあまり分からないのですが、
ホテルのスパや、サロンに実際に行ってみたり、面接を受けていく中で、そのときに受けた印象や直感を頼りにして、選ぶのが良いと思います。たくさん見て、比べていくうちに、自分に合いそうな、良い店というのが少しずつ見えてくるのではないでしょうか。ネットや雑誌情報等ではなく、自分の目で見ることが大事だと思います。でも、本当にこればかりは入ってみないと分からないと思います。

それと、「サロンで働く」という考えではなく、「自分のお客様をたくさん作る」という考えを持っておくのも大切だと思います。どんなサロンでも、結局のところセラピスト次第です。

ホテルで働いていたときも、指名だけで予約が埋まってしまうような人気のセラピストもいれば、一度も指名をもらったことがないという人もいました。この差は、働く場所の差ではありませんよね。
なので、最後は自分次第ということでしょうか。

長くなりました。
更新、もう少し頻度を増やして、がんばってやっていこうと思います!
それでは、また次回にお会いしましょう!!

東京のインディバ・オーガニックエステサロン アンリュミエール
ブライダルエステのご相談もお気軽に!


enlumiere-logo.gif
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。