東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ニーチェの言葉
こんにちは!Yummyです。


ランキングに参加中です!ワンクリックお願いしますグー!

ニーチェって誰だったけ?と思いながらふと手にした本、
ニーチェの言葉
「ニーチェの言葉」です。

この黒地に文字のみのシンプルな表紙に惹かれてページをめくってみると、哲人ニーチェの教えが分かりやすい現代の言葉で綴られていて、2,3ページを読んだところで家でじっくり読んでみたいと思い買ってみることにしました。

ニーチェの言葉、とても深いです。
私の理解力のなさと、置かれている状況が違う(例えば夫婦関係についてなど)のせいか、ぴんとこない言葉もあったのですが、100年以上も昔に生きていた人が残したとは思えないような、私にとっては新鮮な教えが盛りだくさんで、生きるヒントを教えてくれるバイブル的な本として傍に置いておきたい1冊になりました。

私的に一番、おー!!っと衝撃的に思えた言葉を紹介したいと思います。

女を捨てた女

男を魅了するのを忘れるような女は、その度合いの分だけ、人を憎む女になる。』

これって本当ですか???
ニーチェはいつこれに気づいたのでしょうか・・・。

女は一生、女を捨てずに、女らしく美しくあれということなのでしょうかね?
女性として扱われなくなったら、人様の悪口を言いたくなるとかそういう感じでしょうか。とりあえず、そう理解しましょう。愚痴っぽくなったら要注意ですね!

それからもうひとつ・・・婚活の話題にやや敏感になっている私の友達たちが納得していた言葉です。

多く持ちたがる人々

夫の職業や地位がまるで自分の手柄であるかのように言いつのる妻がいる。彼女はさらに、子供の通う学校の特長、飼い犬の賢さ、庭の木々の見事さ、住んでいる都市の美しさまでが自分の功績であるかのように言い立てる。また・・・
(略)このように彼らは、物や知識について言っているようでいて、本当は自我とその所有欲がどこまで肥大しているかを示しているようだ。それどころか、人は過去や未来までをも持とうとしている。』

結婚前から結婚相手の職業や地位についてあれこれうるさく言って、なかなか結婚できない独身女性多いですよね。
彼女たちにとって、結婚とは手柄を得るためのものなのでしょうか・・・。

最近、婚活をしている女性が「夫の年収は最低600万円はないと結婚はできない」とか言ってます。
35歳以下の男性でこの条件をクリアできている人は、私の友人の情報によるとたった3%ほどだそうです。
それだけでなく、ルックスやら学歴やら、他の諸条件が加わると限りなくゼロに近づきますね。

理想の夫の職業や地位云々について条件をつける前に、鏡に映った自分をじっくりと眺めて、自分自身がどれだけのものかをよ~く考えてから相手について言うべきですね。

所有欲、恐いです。自分自身を磨きましょう!


最後に、

少しの悔いもない生き方を

今のこの人生を、もう一度そっくりそのままくり返してもかまわないと生き方をしてみよ。』

いや~これは今の時点では無理ですね(笑)部分的にはOKですけど。
死に際に、こう思えるようにこれからの人生は良いものにしたいと思います。

ニーチェの言葉、
いろいろ自分に置き換えて、考えながら読んでいます。
自分自身についてじっくりと考える時間って意外と少ないものです。

自分は何を考えているのか・・・自分の本質とは・・・
いろいろと考えさせれます。


東京のインディバ・オーガニックエステサロン アンリュミエール
ブライダルエステのご相談もお気軽に!


enlumiere-logo.gif
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。