東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
興奮の読書タイム
こんにちは、ココです

春になって桜が咲いたーーお花見だ!という気分だというのに、風が吹いたり雨が降ったり。
4月は雨の時期だというのを、ドリカムの「4月の雨」という曲を聴いて以来、感じるようになりました。(初期の名作アルバム「Million Kisses」の中に収録されています。同じく収録曲で「Eyes To Me」や「忘れないで」が有名。)


ランキングに参加中です!プチっとワンクリックお願いします

最近、Yummyオーナーに貸してもらって読んでいる、ダン・ブラウン著「天使と悪魔」にハマっています。トム・ハンクス主演で映画化もされましたね。私は映画はまだ観ていないので、これが読み終わったら観てみようと思っています。以前にもブログでこの物語の内容を取り上げたことがありますが、ストーリーは大まかに。。
「ハーバード大学の図像学者ラングドンはスイスの科学研究所所長から電話を受け、ある紋章についての説明を求められる。それは16世紀に創設された科学者たちの秘密結社”イルミナティ”の伝説の紋章だった。紋章は男の死体の胸に焼きインとして押されていたのだという。殺された男は、最近極秘のうちに反物質の大量生成に成功した科学者だった。反物質はすでに殺人者に盗まれ、密かにヴァチカンに持ち込まれていた・・・」
天使と悪魔


神が(キリスト教上の)科学より尊いのか、科学の方が優れていて尊いのか、という長い年月、歴史の中で繰り返されてきた議論の戦いに触れていて、引用される実際の歴史上の出来事、宗教建築物や芸術が生まれた背景、には血なまぐさいものがありますが、物語に出てくる美術品や建築物はすべて事実に基づいているので、自分も、傷を負いながらローマとヴァチカンを駆け巡っているかのような疾走感とスリルが味わえます。
先週、ちょうど面白い場面を読んでいました。帰りの電車の中で興奮してきだし、家に着いてからも没頭して読みふけりました。
夜食にクリームチーズがドカンと入っているとっても美味しいパンを頂きながら赤ワインを飲みつつ、心地よい陶酔状態で。。
今、下巻の真ん中まで来て、問題はほぼ解決してホッとしているところで、物語に出てきた美術作品などについて勉強したい気分になってしまいました。ダン・ブラウンが小説の中で書いている解説(登場人物による解釈)の方は裏情報のようで、魅力的なのですが、やはりしっかり基本情報を知っておかないと!

4年前に「ダ・ヴィンチ・コード」を読んだ時に、物語に出てきて比較されている、レオナルド・ダ・ヴィンチによる二つの油絵「岩窟の聖母」を観にパリとロンドンに行きました。パリのルーブル美術館にある方では、聖者も人間であるように描かれ、十字架や光輪がないのに対し、ロンドンのナショナルギャラリーの方では十字架と光輪が付け足されているのです。絵の色彩もややくすんだものと色鮮やかになったものとで、絵を見たときの感じ方も違って頭に広がるドラマも変わるので、面白いなあと思いました。

ダン・ブラウンの新作「ロスト・シンボル」も気になっています



アンリュミエール携帯ファンサイト(PCからも見れますが)にご登録ください!
ファンサイト会員限定のお得なクーポンがゲットできたり、ブログの更新情報が携帯電話に届きます。
↓のQRコードを携帯電話のカメラで写して、登録できます。
sprasia.png

東京のインディバ・オーガニックエステサロン アンリュミエール
ブライダルエステのご相談もお気軽に!


enlumiere-logo.gif
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。