東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
熊本城へ行きました
こんにちは。Yummyです。

昨日は、実家からバスに乗って15分ほどの熊本市の中心部へ出かけました。
特に予定を決めておらず、買い物でもしようかと「通町筋」という熊本で一番の繁華街でバスを降りると、最初に熊本城が目に入ってきました。
「これは写真を撮らねば!!」と思い、良いアングルで撮れそうな交差点の反対側に渡ると、また熊本城が途中で見えなくなってしまいました。もう少し近づいたら撮れるかなと思い、どんどん熊本城に近づいていったのですが、ますますお城は見えなくなり、「絶対撮りたい!!」と意地になってしまい、ついに熊本城に行くことになってしまいました。

後で家に帰って熊本城に行くことになってしまった経緯を母に言うと、写真撮影には、どうやら大通りの真ん中にある電停辺りがベストポジションだったようです。

熊本城には何年か前の夏に行ったとき、暑さが半端なかったので、「もう絶対夏には行かない!」と決めていたのですが、ついつい引き込まれてしまいました。

昨日の熊本の暑さ、一体何度だったのでしょうか・・・。
熊本城の天守閣や本丸御殿に至るまでの道のりは、ひたすら階段を上り続けなければならず、もう汗だくになりながらカンカン照りの中、歩き続けました。「須戸口門」というところから入りました。

そうそう、熊本城の2008年度の入場者数は全国一位だったそうです。沖縄の首里城じゃ京都の二条城を上回る結果です。これにはびっくりです。私にとっては一番なじみのあるお城ですが、まさか全国一位とは思っていませんでしたので。熊本県民にとっては、とても名誉な結果ですよね。

kumamotojyo1.jpg
あ、見えてきた!!
この2つの石垣のことを「二様の石垣」と言うそうです。

二様の石垣
『熊本城が築かれた慶長時代は全国的な築城ラッシュで、技術革新も急速に進んだ。右側の石垣は熊本城の中でも古い年代のもので、傾斜が緩やかである。左の石垣はそれと比して急であり、少し年代が下がってから継ぎ足されたことが分かる。同じような石垣の年代差は大小天守閣の石垣にも見ることができる。』
(受付でもらったパンフレットより)

kumamotojyo2.jpg
あと少し!いよいよお城が近づいてきました。

kumamotojyo4.jpg
やっと着いたー!結構歩きました。
大小天守閣です。こちらは裏側のようです。

kumamotojyo3.jpg
こちらが表側ですね。

大小天守閣
天守閣、本丸御殿一帯は西南戦争開戦3日前に原因不明の出火で焼失した。現在の天守閣は昭和35年に外観復元したのである。大天守は地上6階地下1階、石垣の上からの高さ約30m、小天守は地上4階地下1階、高さ19mである。内部には加藤家、細川家、西南戦争の資料を展示している。

(パンフレットより)

外観を見学したあと、いよいよお城の中へ入ってみることに。
まずは、平成20年に大広間(対面所)、数寄屋(茶室)と大台所が復元されたばかりの本丸御殿の中へ・・・。
延床面積:約2,951平方メートル  総事業費:約54億円
だそうです。
いや~豪華な内装でしたよ。ここからは次回お伝えしますね♪
お楽しみに!

東京のインディバ・オーガニックエステサロン アンリュミエール
ブライダルエステのご相談もお気軽に!


enlumiere-logo.gif
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。