東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ボディメニュー作りに悩む
こんばんは!
今日はアルフィーの高見沢さんのソロのコンサートに行ってきました♪

アンリュミエールの内装をお願いしている建築士の方(共演しているギタリストの、もと聖飢魔Ⅱのルーク篁さんと従兄弟同士だそう)にチケットを譲っていただき、今まで高見沢さんの曲を全く聞いたことがなかったのにも関わらず、興味本位で行ってみたのですが・・・。

スゴイですね~。熱狂的な王子ファンがいっぱいいるのですね。年齢層はオーバー35歳くらいで、男性も1%未満でした。

私の席はアリーナ席で、しかも4列目のとても良い席だったのでファンの方になんだか申し訳なかったです。

それでもやっぱりライブの熱狂はいいですね。ギターのテクニックも驚くくらいうまいですね。熟年の技って感じでした。それと、高見沢さんの存在感ってやっぱり人を魅了するオーラがありますね。
さて、今日はアンリュミエールのメニュー作りについてです。

正直、今ボディーのメニューをどのように作ろうか悩んでいます。

マッサージにはいろいろな種類がありますよね?

例えば、「ロミロミ」、「スウェディッシュ」、「バリニーズ」、「指圧」・・・などです。

通常のサロンはマッサージの種類によっていくつかのメニューを提供しているところが多いですよね。

ただ、自分の手技を振り返ってみた時、いろんな要素のミックスになっているので、これ!という一つのネーミングをつけるのに抵抗があるんですよね。

お客様ひとりひとりによって、ツボを押すのが良さそうな方には、たとえオイルマッサージでも途中で指圧を加えますし、男性の大きい方にはひじを使ってロミロミを入れてみたり・・・というような感じです。

となると、オリジナルマッサージということになるのですが、それがどういうものかというのを、お客様にメニュー表の上でイメージさせるのが難しいのでは??と思ったり。

それから、実はアンリュミエールは私ひとりで始めるのではなく、トリートメントルームが3部屋の、当初の予定よりも大きいサロンになってしまったので、私以外のセラピストも一緒にスタッフとして働くことになります。そうなると、ある程度の手技の統一というのが必要になってくるので、マニュアルを作る必要もあるのかなーっと思ったり・・・。

でも、ひとりひとりのお客様の体は異なるので、それぞれに合ったトリートメントを技術者の持っている引き出しから取り出して、オリジナティのある施術をしてもらう方がいいのかなーっと思ったり。

でもやっぱり、アンリュミエールのマッサージみたいなものを確立させた方がいいのか・・・。

いろいろ悩みます。一番ベストなのは、基本マニュアルを作り、それをベースに施術者がそれぞれオリジナリティを加えていく・・・ということなのでしょうが。

話は戻りますが、ボディマッサージのメニューの種類、つまり「ロミロミ」、「スウェディッシュ」みたいなメニュー名にするか、それとも、ボディオイルマッサージ○○分みたいなメニューにするか・・・

どういうメニューが良いでしょうか??

お客様としての立場、施術する側としての立場、全く反対の立場なので、こういうことを決めるのって本当に頭を悩ませます。

ネーミングが違っても、基本的にやっていることはそんなに大差ないなーって、いつも新しいマッサージを習うたびに思ってしまうのですが、それぞれのマッサージを考案した方々にとっては、それぞれのテクニックや理論、また流派などにこだわりがあると思うので、難しいところです。

気持ちよければいいじゃん!

実際、そうなんですけどね・・・。全ては何流でも、何式でも、お客様が満足していただければ、どんな手技もありなのでしょうけどね。

とは言え、なかなかメニューを決められないまま時間ばかりが過ぎていきます。

みなさんのご意見も聞かせてくださいはぁとvv

よろしくお願いします!


ランキングに参加中です!ワンクリック押してくださいね♪

東京のインディバ・オーガニックエステサロン アンリュミエール
ブライダルエステのご相談もお気軽に!


enlumiere-logo.gif


スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

ううむ
実は私、前の会社であるスパが提供してます施術コースの翻訳を担当した事がありまして。そのときのコースの説明にリンプドレナージュって書かれてありまして、この言葉を聞いた事がない私は「?」と思い、スパとかエステに全然行かない人がわかる言葉では無いから、リンプドレナージュって言葉を使わず、もっと初心者の人にわかりやすい言葉に直したんですね。

そしたら、外国人は普通にわかる言葉だから(このスパは、日本人・外国人両方行ってもOKな所みたいです)、そのまんま使っても良いよと言われ、そのままリンプドレナージュって言葉を使用したのですが・・・。できれば、見てどんなコースか簡単に想像できるネーミングが良いかなーと。そうしましたら、初めての方は行く事に抵抗なくなると思いますしね。
ショコラ | URL | 2007/08/21/Tue 14:52 [EDIT]
なるほどー
ショコラさん、こんにちは。
なるほど~参考になります。業界用語や専門用語って普段なんとなく使っているのですが、全く初めての人にはわかりにくい言葉もありますよね。それをそのまま使うのか、それとも日本語に変えるのかというのは難しいですよね。
私もお客様に説明するときには特に気をつけようと思います。
ショコラさんって翻訳されていたのですね!すごい!アンリュミエールの周りは大使館がいっぱいあるので、英語のメニューも作ろうかなと思っています。
ショコラさんに手伝ってくれませんか~?(笑)
yummy | URL | 2007/08/21/Tue 21:43 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。