東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
サロン開業②「まず何をするか?」
こんにちは。本田です。


ランキングに参加しています。ワンクリックお願いします☆


さて、もうすぐ5周年を記念して(?)、初心を思い出すためにも(?)、前回に引き続き「サロン開業」に関するブログ記事をこれから数回に渡ってシリーズでお届けしたいと思います!

前回の記事『サロン開業①「開業した頃を思い出して」』はこちらをご覧ください!


今日はサロンを開業するには「まず何をすればよいのか?」ということについて書いていきたいと思います。逆に言えば、「これ」を始めればもうサロンを開業せざるを得ない状況になってきます!

サロンの開業には、「ヒト」「モノ」「カネ」という事業の3要素、また経営資源と呼ばれるうちの、まずはもちろん「ヒト」が重要なのですが、まずは自分ひとりで開業するとして、何から始めるかというと、やはり「場所」を探すところからだと思います。「場所」は3要素の中の「モノ」に含まれます。

場所が決まれば、家賃はどれくらいかかるのか、内装工事が必要かどうか…など具体的な大きな支出が見えてきますので、お金をどれくらい用意する必要があるかが見えてきます。

場所選びはサロンにとって、技術の習得に匹敵するくらいの重大な要素だと思った方が良いと思います。
いくら技術が良くても利便性が悪いとお客様の足は遠のきますし、場所は価格設定にも大きく影響を及ぼします。また、場所が悪いと国や銀行などの金融機関から融資が受けられないこともありますので、十分な時間と労力(3か月~半年、場合によっては1年)をかけて、慎重に行う必要があります。

「場所」が決まると、そのあとは怒涛の日々が待ち受けています。開業の日に向けて、すべての準備を同時並行で行わければなりません。具体的なお金の準備(融資を受ける場合は金融機関への打診)から、内装工事をする場合は工事の手配、オープンに向けての集客(ホームページの開設やチラシなど)、店内の什器や備品などの準備、各種届出…などなど。会社を設立する場合は、定款や印鑑の作成、登記の準備などです。

もし法人化する場合(会社を設立する場合)は、契約する時点で時間的ロスを生まないためにも、場所を決める前に行っておく方が良いかと思います。

また「場所探し」と同時に、サロンの「コンセプト」を決めておく必要があります。
たかがコンセプト、されどコンセプトです。

「どんなコンセプトにするのか?」というのは、「誰に対して何を提供するのか?」という大切な部分であり、サロン経営の軸となります。

また、コンセプトに共感して人(スタッフも含め)も集まってきますし、同じものを提供していたとしても、打ち出すコンセプトが違うだけで、お店に来る客層も変わってきたり、価格へも影響してきます。

コンセプトはサロン運営において、さまざまな判断の拠りどころにもなるので、最初にバシっと決めておいた方が良いかと思います。しかしながら、コンセプトを決めるのは簡単ではありません。市場調査をしたり、顧客のニーズや競合によっても変化するので、慎重に考える必要があると思います。

「コンセプト」を決めてイメージを膨らまし、「場所」を決めれば、具体的な形となってサロンが出来上がってきます。

次回は、「場所探し」の具体的方法について書きたいと思います。


東京のインディバ・オーガニックエステサロン アンリュミエール
ブライダルエステのご相談もお気軽に!


enlumiere-logo.gif

images facebook
フェイスブック始めました!「いいね!」をクリックしてください♪
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。