東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
熊本観光「阿蘇」
こんにちは!千代田区麹町のエステティックサロン「アンリュミエール」の本田です

今日の東京、少し春めいてきたかな…と感じます

来週にはもう3月!春が待ち遠しいですね。


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。エステ・スパ部門にニューエントリー中です!ワンクリックの応援よろしくお願いします。

さて本日は熊本観光のクライマックス、「阿蘇」編をお送りします。

世界でも有数の大型カルデラと雄大な外輪山を持つ「阿蘇」。

最高峰の高岳(1,592.3m)を始めとする中岳(1,506m)、根子岳(1,408m)、烏帽子岳(1,337m)、杵島岳(1,270m)の阿蘇五岳の他、往生岳(1,235m)などを含む1,000m級の山が連なっている広大な観光エリアです。

また、最高峰の「高岳」の高さ、「1592」メートルは、「ひごくに=肥後国」と覚えます!

(熊本人なら知っている!?豆知識でした!)

また、熊本が「火の国」と呼ばれるのも、阿蘇の火山が由来しています。


そして、ここにもくまモンが!!

昨日、昨年のくまモンによる経済効果が約300億円にものぼったというニュースが流れていました

はい、私もくまモンの営業活動にのせられて、くまモン関連グッズをいろいろと消費してしまった一人です。

熊本みやげはもちろん、そのほか文房具なども買ってしまいました☆ 

だってかわいいんだモン

そして、広大な阿蘇を背景にくまモンと記念撮影!


そして、こちらが「阿蘇中岳大噴火口」。

阿蘇山の大小数えきれないほどある火口の中で、現在、未だに活動を続けているのは中岳の火口だけだそうです。

火口の直径は約600m、深さ約130m程あり、吹き上がる溶岩の温度は1000度~1200度に達するそうです。

火口の底はきれいな青緑色。煙の量や風向きによって、底が見えたり見えなかったり…。

父の話によると、昔(40年くらい前?)は赤々とした火柱が見えるときもあり、しかも現在のように火口に安全のための柵などもなく、とても危険な場所だったとか。

main.jpg
こちらの写真は「阿蘇!阿蘇!ドットコム」より

火口の底の青緑色がきれいに見えている状態です。


幸い風の向きが反対方向だったので、煙たくもなく、無事に記念写真を1枚。
でも眩しくて目が開いてません


続いてこちらは、「米塚」という均整のとれた小さな山。

標高954mの米塚は、阿蘇の神様・健磐龍命(たけいわたつのみこと)が収穫した米を積み上げたものが山になったといわれています。

山頂のへこみは火口の名残ですが、貧しい人にお米をすくってあげた跡だそうです。

そのかわいらしい山の形から阿蘇を象徴する山の一つとして大変人気があります。また、米塚の向こうに見えるのは阿蘇の外輪山です。


阿蘇の名物と言えば・・・

南阿蘇の高森にある「田楽の里」の囲炉裏を囲んでいただく田楽!

築200年のかやぶき屋根のレトロな古民家でできた阿蘇の郷土料理のお店です。



こちらを訪れるのは2回目。もう10年くらい前でしょうか・・・亡くなった祖父と一緒に来た思い出の場所です。



teisyoku03.jpg
注文したのは、こちらの「小枝定食」。(写真は公式HPより)

・山菜の付出し
・生揚げ
・田楽(やまめ・いも・豆腐)
・牛小枝串2本
・だご汁
・きび飯
・漬物

田楽だけでなく、熊本の赤牛の牛串を一緒に楽しめるコースでした。

田楽につける、ゆず味噌と山椒味噌が風味豊かで、素朴な味わいながらとてもおいしかったです

3回にわたってお届けした熊本観光、いかがでしたか?
熊本の魅力は十分に伝わったでしょうか?

熊本の観光ははやり、春か秋がおすすめです。阿蘇は、標高が高いので夏でも涼しく過ごせます。
今回は2月初旬ながら、暖かく春のような陽気でした。

みなさんもぜひ熊本へ行ってみてはいかがですか?


アンリュミエール 本田優美

東京のインディバ・オーガニックエステサロン アンリュミエール
ブライダルエステのご相談もお気軽に!


enlumiere-logo.gif

images facebook
フェイスブック始めました!「いいね!」をクリックしてください
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。