東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
フランスの禁煙
こんばんは。Yummyです。

 
まずは、ワンクリックお願いします!いつもありがとうございますはーと

今日は、アンリュミエールにはるばるオーストラリアからお客様がいらっしゃいました。ブログを読んでくださっていた方で、私と同じエステティック&コスメティックの国際資格(CIDESCO:シデスコ)をオーストラリアの学校に留学して取られた方です。

遠くオーストラリアからブログを見てくださっているなんて、うれしいですね。

さて、今日はフランスの禁煙の話題です。

フランスでは、1月1日からレストランやカフェ、バーでも禁煙が実施されました。

フランス人にこんな厳しい法律守れるのでしょうかね~??

フランスといえば、愛煙国として有名です。私が住んでいた2004~2005年頃は、屋内のショッピングモールの通路でもタバコを吸う人がいたし、たまたま通りかかった高校の校門の前でも、学生が普通に「火を貸してください。」なんて言いながら先生と並んでタバコを吸っていたんですよね。

フランス人に、「フランスでは何歳からタバコ吸えるの?」と聞いたら、「そんな法律ないと思う。」と言われたのにはびっくりしました。本当にないのかどうかは未だに分かりませんが。確か、イタリアは喫煙の許可年齢の法的な定めはないんですよね。もしかしたら本当にフランスにもないのかもしれません。

街を歩けば、見知らぬ人に「たばこ1本ください。」と言われたり、電車の禁煙席と喫煙席が同じ車両内でプラスチックのパネル1枚で分けてあったり・・・(なんで複数車両あるのに、車両ごとに分けていなかったのか不思議、しかもパネルの上は筒抜け状態!)そんな国、フランス国民がこんな厳しい禁煙の法律に堪えられるのかなーと心配です。
フランスのことだから罰金はしっかり徴収するのでしょうけどね。

タバコはお肌にとっても百害あって一利なしです。吸い始めて10年後くらいにちりめんじわができやすくなりますよ!

さて、フランスのニュースといえば、サルコジ大統領の3度目の結婚が先ほど飛び込んできました。
もしこれが日本の首相だったら、ワイドショーで話題になるのでしょうけど、フランスにはワイドショーがないので、ニュースで伝えられるだけです。ゴシップには興味のない国民なんですよね~。イギリスやイタリアはゴシップ好きなのに、フランス人はどうしてその辺はクールなのでしょうかね?謎です。

それでは、今日はこのへんで!また明日にっこり

アンリュミエールではブログまたはホームページをみて初めてお越しの方は、10,000円以上のトリートメニューが20%オフになるキャンペーンを実施中です。ぜひ、みなさまのお越しをお待ちしております!

東京のインディバ・オーガニックエステサロン アンリュミエール
ブライダルエステのご相談もお気軽に!


enlumiere-logo.gif
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。