東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
モルディブへ行ってきました①
こんにちは!千代田区麹町のエステティックサロン「アンリュミエール」の保戸塚(本田)です。



人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。エステ・スパ部門にニューエントリー中です!
ワンクリックの応援よろしくお願いします。



先々週はまるまる一週間のお休みをいただいて、モルディブに新婚旅行に行ってきました。


今までなかなか長い休みが取れず、開業7年目にして、遂に海外に行くことができました!
これから何回かに分けて、モルディブ旅行記を書こうと思います。
よろしければ、ご覧ください


1月12日(日) 朝8時頃、いざ出発!

前日まで全く旅支度をしていなかったため、寝れたのは朝方4時近く…

でもこういう日に限っては目覚めは良く、朝からハイテンション!!

成田エクスプレスに乗って、久しぶりの成田空港第2ターミナルへ

モルディブまでは、今回はスリランカ航空を利用したため、スリランカのコロンボを経由して約12時間の旅です。

IMG_1527.jpg

IMG_1544.jpg


長い道のりを経て、モルディブの首都マーレに到着!



マーレ到着が夜遅く、私たちが滞在するリゾート「ロビンソンクラブ」へは、さらに国内線に乗り継いで行かなければならないため、この日はマーレの空港近くの「フルレホテル」に一泊しました。

寝るだけのビジネスホテルっぽいと思っていたのですが、プールやビーチもあって、意外にリゾートっぽい雰囲気のホテルでした。(全く利用しませんでしたが。)


maldives000.jpg

久々の長時間のフライトでもうくたくたです。
でも旅はまだ途中…
翌日の朝の出発に備えて、即就寝


翌朝のレストラン。ホテルの最上階にあり、眺めも良いところでした。
全く期待していなかったのですが、充実のビュッフェでした。



朝食後、夫は、レストランスタッフから直々にホテルのサービスのアンケートに答えて欲しいとお願いされて、記入していました。

客室に同じアンケート用紙がありましたが、わざわざお願いするとは、意外にも!?サービスに力を入れているのかなという印象を受けました。


フルレホテルから見た風景。



9時過ぎにホテルを出発し、いよいよ最終目的地「ロビンソンクラブ」へ出発です。

IMG_1554.jpg

ロビンソンクラブは、首都マーレから「カデドゥ」という空港まで国内線で1時間、そこからスピードで20分の距離。赤道近くの「ガーフアリフ環礁」に位置します。

モルディブには100ヶ所ものリゾート(基本的には一島一リゾート)があるのですが、その中でもロビンソンクラブはマーレから遠い方で、到着するまでかなりの時間が要しますが、それだけに手つかずの珊瑚礁に囲まれたハウスリーフが自慢のリゾートです。


maldives001.jpg

途中のカデドゥ空港で。ここで同じホテルに滞在する大阪から来たという日本人カップルと合流。お互いに写真を撮り合って、ボート乗り場へ移動。

maldives003.jpg
このスピードボートに乗り換えて行きます。

maldives022.jpg
見えてきました!!
澄んだ青い海に早くも大興奮!

maldives004.jpg
ロビンソンクラブ到着です。

ロビンソンクラブは、ドイツ系のクラブリゾートで、ヨーロッパを中心に展開しているホテルグループだそうです。
100もあるホテルの中でどうしてここを選んだかと言いますと・・・
実は、私たちは新婚旅行の申し込みがかなり遅くなってしまい、駆け込み的に近所のH○Sに行ったところ、旅行会社が確保している部屋はもうどこも埋まっていて、他の部屋が空いていないかリクエストして頂くことになりました。

せっかくの新婚旅行なので、ラグジュアリークラスのホテルをいくつかリクエストしたところ、空いていたのがロビンソンクラブと、「ギリ・ランカンフシ」というホテルでした。

ギリ・ランカンフシはモルディブの中では有名なリゾートで以前から知っていたので、気にはなっていたのですが、滞在中の食事や飲み物が全て含まれているオールインクルーシブではないので、今回はロビンソンクラブを選びました。
お財布を気にしない、お気軽な滞在の方がいいよね・・・ということです。

ロビンソンクラブ、結果的にはとても良い選択だったと思います。クラブリゾートへの宿泊は初めてだったのですが、スタッフの方々が気さくで、食事の心配ももなく、ゲストを楽しませるアクティビティも豊富で充実した毎日を過ごすことができました。

maldives021.jpg
船を下りて、桟橋を渡ってホテルへ。
まずはウェルカムドリンクで乾杯です


maldives020.jpg
こちらが、レセプション。床はなく、そのまま砂です。
滞在の説明とともに、ロビンソンクラブオリジナルのビーチサンダルをいただきました。

mal001.jpg

真冬の日本でビーチサンダルを探しまくって、結局クロックスを購入したのですが、バックストラップがあるタイプを買ってしまったために、一度砂が入ってしまうと、なかなか出てこず、砂がサンダルの中に溜まってしまうという悲しいことに・・・

ということで、滞在中はロビンソンクラブのサンダルが大活躍でした。
なんだかんだ言って、ビーチサンダルは一番スタンダードなものが使いやすいようです。



こちらは、ロビンソンクラブの全景です。ホテルの部屋にあったパンフレットより。

長くなりましたが、これから数回にわたってモルディブ滞在記をお送りします!

それでは、次回をお楽しみに



東京のインディバ・オーガニックエステサロン アンリュミエール
ブライダルエステのご相談もお気軽に!


enlumiere-logo.gif

images facebook
フェイスブックやっています!ぜひクリックしてください!
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
萌音 | URL | 2014/02/12/Wed 18:16 [EDIT]

トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。