東京都千代田区麹町のオーガニックエステサロン「アンリュミエール」のスタッフによる日記
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
モルディブへ行ってきました⑥
こんにちは!千代田区麹町のエステティックサロン、アンリュミエールの保戸塚(本田)です。


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。エステ・スパ部門にニューエントリー中です!
ワンクリックの応援よろしくお願いします。

シリーズでお届けしてきたモルディブ旅行記も今回で最後になります!どうぞ、最後のエントリーをお楽しみください

今回は、宿泊していたリゾート「ロビンソンクラブ」からスピードボートで10分ほどの距離にある無人島へのピクニック(?)の様子をお届します!

mal016.jpg
ロビンソンクラブでは、マリンスポーツやヨガやフィッシングなどの有料・無料のさまざまなアクティビティーが毎日実施されていて、宿泊者は自由に参加することができます。(最少催行人数に達しない場合は、中止になることもあります)

私たちが今回参加したのは、近くの無人島へスピードボートで行き、きれいな夕日を見て、バーベキューを楽しむというピクニックです。毎週木曜日に実施されているようです。ピクニックと行っても、夕方5時出発で手ぶらで参加できるので、ちょっとディナーへ出かけるという感じです。参加費はひとり100ドルくらいでした。


ロビンソンクラブの船着き場から近くの無人島へ向けて出発です!
参加者は30名程度で、ドイツ人が多く、中国人がちらほら、日本人は私たちだけでした。

maldives024.jpg
スピードボートに乗り、島のすぐ近くからは小さなボートに乗り換えて、無人島に到着しました。
水着を着てきた人はスピードボートから海へ飛び込み、無人島まで泳いでいました。(主にヨーロッパ系の人!)

まずはウェルカムドリンクのシャンパンをいただき、島内の森の中を散歩しました。

maldives025.jpg
この島はリゾート開発がされていないため、手つかずの自然がそのまま残っています。

maldives026.jpg 
島内を一周して再びビーチへ。
ちょうど夕日が沈む時刻となり、美しい景色が広がっています。


ここからは、モルディブの美しい夕日の風景をご覧ください!!
写真を撮りまくりましたので









maldives027.jpg


maldives028.jpg
今回のお気に入りショットです!今日でモルディブの夕日も見納めです。まだまだここに滞在していたい…。

maldives029.jpg

maldives030.jpg

mal014.jpg
イタリア人の美男美女の新婚カップル!
ロビンソンクラブのスタッフさんに撮影を頼んでいたようですが、私も思わず便乗してパシャ!!
絵になる二人でした


日が暮れて、いよいよディナータイムです!
本日は、バーベキューということだったので、自分たちで焼いて食べるのかと思いきや、ここでもロビンソンクラブの調理担当のスタッフさんたちが全て調理したものを取りに行くというビュッフェスタイルでした。

残念ながら食事の写真は撮り忘れてしまったのですが、お肉がボリューミーで美味しかったです。

ただ、私たち夫婦はこの旅行中、3食、食べ放題、飲み放題のオールインクルーシブプランのおかげで、もうめいいっぱい食べ過ぎていたので、あまり量は食べられませんでした。

お肉以外にも、サラダやデザートなどもたくさんあり、ワインなどのアルコール類やソフトドリンクもたくさん用意されていて、無人島にいながら贅沢なディナーを楽しむことができました。

maldives031.jpg
食後は料理長によるダンスタイム!!

料理長は料理を作るだけでなく、ゲストを楽しませるために、自らダンシング!!無人島なのに音響設備もバッチリでした。

あつ~い火の踊りから始まり・・・

maldives032.jpg
気がついたら、みんなで踊りまくりのクラブ(ディスコ?)状態!!

私は最初は遠くから見るだけだったのですが、料理長に拉致られ、一緒に踊らされ・・・(笑)

のどが渇き、席に戻ってもまた連れ戻され・・・ また、戻っても、すぐに連れ戻され・・・

そんなこんなで、しまいにはノリノリのテンションでロビンソンクラブのスタッフさんたちや、他のゲストの人たちと踊り続けたのでした(笑)

mal015.jpg
各国のゲストはみんなノリノリで、音楽とダンスは国境を越えて、楽しめるものだと実感したひと時でした。

それにしてもロビンソンクラブのモルディブ人スタッフたちのダンスがお見事でした。みんなきっと物心つくかつかない頃から、こうしてビーチで踊っていたのでしょうね。

ダンシングタイムは3時間近く続き・・・ 終了予定時間(ロビンソンクラブに戻る予定時間)の22:00をとっくに過ぎ・・・

今晩、私はホテルに帰れるのだろうか?

そろそろトイレも行きたいし・・・と一抹の不安を抱えながら帰りのボートが来るのを待ちました。

そうして、ようやく迎えのボートがやってきて、無事にホテルのコテージに帰り着くことができました。

maldives033.jpg
無人島に行った翌日のモルディブ出発の日の朝です。
一緒に写っているのは、無人島のディナーの時に同じテーブルになったロビンソンクラブのドイツ人スタッフのお二人です。偶然、朝食時にレストランで再会しました。

私も夫もドイツに行ったことがあったのと、サッカーの話題(香川選手ら日本人選手たちの活躍など)で盛り上がって、楽しいひと時を過ごさせていただきました。

私がリトバルスキーのことを「リティー」でしょ?とダニエル(男性スタッフの方)に言ったら、
ドイツでの彼の愛称が日本でも同じように使われていることに感動していました。サッカーもまた世界の共通語的な話題ですね。今年のワールドカップはドイツが優勝し、日本はベスト8には入れるよ!とのことでした。


最終日は午後14時の出発までランチをしたり、バーのソファー席で休みながら出発の時間を待ちました。

帰りもまた、

ロビンソンクラブから近くの空港へ(スピードボートで)
→モルディブ首都マーレへ(国内線飛行機)
→スリランカ首都コロンボへ
→成田へ

という長い長い道のりを経て日本に無事に到着しました。

真夏のモルディブから真冬の日本へ・・・
家に帰り着いたときに、部屋の中があまりにも寒くて、体がぶるぶる、ガタガタとふるえていました。
体が本当に寒さにビックリしているようで、しばらく部屋が温まるまで布団の中でまるまっていました。

たった1週間で寒さに耐えられない体になってしまったようです(涙)



6回に分けてお送りしたモルディブ旅行記も今日でおしまいです。

お楽しみいただけましたでしょうか?

モルディブ、おすすめです!

日本人はハネムーン客が多いようですが、外国人はファミリーも多くて、老若男女誰でも楽しめる素敵なところです。

ぜひ、みなさんも行ってみてください


以前の記事→

モルディブへ行ってきました①

モルディブへ行ってきました②

モルディブへ行ってきました③

モルディブへ行ってきました④~スパ編 前半~

モルディブへ行ってきました⑤~スパ編 後半~


東京のインディバ・オーガニックエステサロン アンリュミエール
ブライダルエステのご相談もお気軽に!


enlumiere-logo.gif

images facebook
フェイスブックやっています!ぜひクリックしてください!
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© エステサロン アンリュミエール サロンダイアリー. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。